物語の海を泳いで

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

物語の海を泳いで

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月20日 14時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093887700
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

角田光代が読んだ、至福の350冊!

「本のなかに書かれた言葉、そこで起きたできごと、そこで生きる人々、そこに漂う空気を五感と感情で体験すること、それが、本を読む、ということなのだ」
心に残る、あの本この本を、なんと350冊! 直木賞作家・角田光代のとびきりの読書案内。
全三章の構成。
第一章「物語に出合う」――少女時代に読んだ『長くつ下のピッピ』『100万回生きた猫』から、太宰治・林芙美子・開高健・向田邦子、そして大島弓子・岡崎京子の漫画作品までを愛をこめて描く、感動的なエッセイ16篇。
第二章「心に残る、あの本この本」――ジョン・アーヴィング、イーユン・リー、ベルンハルト・シュリンク、ミランダ・ジュライから井上荒野、伊坂幸太郎、江國香織、奥田英朗、桐野夏生、佐野洋子、橋本治、吉田修一、綿矢りさ、など、小説からエッセイ、ノンフィクションまで、多彩な作品を語る書評(感想文)。読むだけで思わず本屋さんに走りたくなる、熱い読書案内60本。
第三章「わたしの読書日記」――2007年秋から2018年夏までの幸福な読書の日々を描く29篇。まさに〈本がわたしを呼んでいる!〉。

《どこでも本を読む。ソファでもベッドでも風呂でもトイレでも読む。
外に出るときも鞄に本を入れる。入れ忘れると途方に暮れる。
旅に出るときも日数に合わせて何冊かの本を持参する。
この本の冊数選びを間違うと、これまた旅先で途方に暮れる。》――「あとがき」より

内容説明

読書という至福の世界へ。本のなかに書かれた言葉、そこで起きたできごと、そこで生きる人々、そこに漂う空気を五感と感情で体験すること、それが、本を読む、ということなのだ。読めば本屋さんに走りたくなる、とびきりの読書案内エッセイ。

目次

1 物語に出合う(真に出会うと―アストリッド・リンドグレーン『長くつ下のピッピ』;私は「真実」を読む―佐野洋子『100万回生きた猫』;私の偏愛書―松谷みよ子『モモちゃんとアカネちゃん』 ほか)
2 心に残る、あの本この本(濃厚な喪失の気配とかなしみ J・アーヴィング『あの川のほとりで』;マイノリティに寄り添って不寛容と優雅に闘う J・アーヴィング『ひとりの体で』;闘った、愛した証としての人生 J・アーヴィング『神秘大通り』 ほか)
3 わたしの読書日記(孤独をおそれずに書く 二〇〇七年・秋;新しい家族像 二〇〇八年・春;いくつもの「生」 二〇〇八年・夏 ほか)

著者等紹介

角田光代[カクタミツヨ]
1967年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。90年「幸福な遊戯」で「海燕」新人文学賞を受賞して本格的に作家デビュー。主な小説作品に、『まどろむ夜のUFO』(野間文芸新人賞)、『ぼくはきみのおにいさん』(坪田譲治文学賞)、『キッドナップ・ツアー』(産経児童出版文化賞/路傍の石文学賞)、『空中庭園』(婦人公論文芸賞)、『対岸の彼女』(直木賞)、『ロック母』(表題作で川端康成文学賞)、『八日目の〓』(中央公論文芸賞)、『ツリーハウス』(伊藤整文学賞)、『紙の月』(柴田錬三郎賞)、『かなたの子』(泉鏡花文学賞)、『私のなかの彼女』(河合隼雄物語賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

270
角田 光代は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者が読んだ至福の350冊の書評集、共読本も多く親近感が湧きました。著者が沢山の本を読みながら、読んでる端から内容を忘れていくのも一緒です(笑)今後も角田 光代を読み続けたいと思います。 https://www.shogakukan.co.jp/books/093887702020/08/14

のぶ

124
読書欲を刺激される本だ。角田さんの読んだ本の書評、エッセイ、読書日記がそれぞれ分けて収録されている。紹介されている冊数は凄く多くて350冊が収録されているらしい。それぞれの本の内容がとてもうまく纏められて、さすが作家の書評だと思った。ジャンルも広くて、漫画から海外の純文学まで多岐に渡っている。特に驚いたのは、後半に収められている読書日記。読んでいる数も半端じゃないが、ほんの数行でその本に魅力を切り取っている。そして内容の批判を一切せずに、良いところだけを纏めていた。これからの読書の参考になるだろう。2020/08/23

ムーミン

74
いきなり「真に出会うと」「私は『真実』を読む」を読んで、深いと感じました。読みたい本をリストにあげました。2020/09/29

けぴ

67
あとがきに良い一文がある。「本を読むことは中身を暗記することではない。本のなかに書かれた言葉、そこで起きたできごと、そこで生きる人々、そこに漂う空気を五感と感情で体験すること、それが、本を読む、ということなのだとはじめて知った。その体験に、自分が本を読んでいる、という現実での体験も加わる」〜本文は角田光代さんの読書遍歴がわかりファンとしては嬉しい。自分が読んだ本を角田さんがどのように読んでいるかを確認した。2021/09/25

水色系

64
読書日記。ちらほら既読かつ感銘を受けた本もあって嬉しかった。あとがき、わかる。私も、書店や図書館に行くと面白そうな本がいっぱいあってわくわくするのと同時に、この本たちを一生かかっても読みきれないんだろうな、みたいな茫洋とした気持ちにもなる。何と読みたい本の多いことよ。この本を読んで読みたい本、また増えてしまったわ。2021/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16156241

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。