• ポイントキャンペーン

新祖国論―なぜいま、反グローバリズムなのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087813791
  • NDC分類 304

内容説明

「実業家堤清二」のしがらみを切り捨てて辻井喬が本音で語る。誰がグローバリズムとマーケティング病に汚染された国を築いたか!?祖国再建の手がかりを探る。

目次

日本の「冬物語」
マーケティング病の社会で
土地の名・土地の記憶
想像する力
老人と子どもと共同体
国を思う気持ち
9・11以後の世界
格差と想像力
民主主義と自由
憲法 教育基本法 平和について

著者紹介

辻井喬[ツジイタカシ]
本名・堤清二。1927年東京生まれ。東大経済学部卒業。セゾングループ創業者として70年代から80年代にかけて“セゾン文化”の時代を先導、91年に経営の第一線を退く。55年に初めての詩集『不確かな朝』を出版、61年詩集『異邦人』(室生犀星詩人賞)、69年小説『彷徨の季節の中で』以来、詩、小説、評論など数多くの作品を発表。受賞作に小説『いつもと同じ春』(平林たい子文学賞)、詩集『群青、わが黙示』(高見順賞)、小説『虹の岬』(谷崎潤一郎賞)、『風の生涯』(芸術選奨文部科学大臣賞)、小説『父の肖像』(野間文芸賞)、『鷲がいて』(読売文学賞)など。2005年度日本芸術院賞受賞。現在、セゾン文化財団理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

いま言わなければならないことがある!!
実業家・堤清二のしがらみを捨て、本音で語る。
どうしてこんな日本になってしまったのか――格差社会、憲法改正、競争至上主義、疑問に思ってきたことをひとつひとつじっくりと解明、反論を試みます。日本はどこで間違ったか、考えさせる一冊。