集英社文庫<br> 大庭みな子の雨月物語

集英社文庫
大庭みな子の雨月物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 260p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087484465
  • NDC分類 913.56
  • Cコード C0193

内容説明

下総の国、真間の郷に勝四郎という男がいた。零落した家を興すため、秋には帰ると妻に言い残し、都に上る。7年後、真間に戻り、妻と情を交わした。一夜が明けると妻はおらず、何年も前に死んだという。昨夜の妻は亡霊だったのだ。(浅茅が宿)ほか「夢応の鯉魚」等8編(「雨月物語」)、と短編歴史小説の「春雨物語」。わが国の怪異小説の最高峰を分かりやすく、面白く読む。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みけ

10
江戸時代に書かれた怪異小説の現代語訳。妖しい話が連なる。現世を怨み魔道に落ちた崇徳院と西行の対話。妾と逃げた夫を呪い殺す妻。怨念渦巻く話から、死んでもなお義弟との約束を果たす魂、離れ離れになった夫を待ち続けた妻の魂…など情深い話もある。しかしその情の裏側に潜む、理を歪めてしまう程の執着心がどうにも薄気味悪い。ただ、最終話の「樊噲」では主人公は肉親を殺し人を助け、お金を盗みお金をやる。善悪も金銭にも来世にも関心が薄く、生きる事にのみ執着し、時が来れば潔く死ぬつもりの主人公になんだか妙に安堵した。2018/12/23

Jun Shino

1
夜道で思い出してゾッとした。 読み終わって、強烈なインパクトは正直なかったけれど、正統派なのかな、いう気はした。 上田秋成の作、「雨月物語」「春雨物語」から抜粋した小編が収録されている。「吉備津の釜」とか「蛇性の淫」とか「青頭巾」とか怖いこと。読んでる最中はそうでもないけど、後から来る感じかなと。今昔物語集、源氏物語、伊勢物語、また今昔に材を得た芥川龍之介も読んでそう思うが、物語を組み上げる時に、漢籍・古典を活かし、しかも読み手が楽しめるものを書くためには相当な労力と推敲がいるだろうな、とは今回も思った。2019/05/10

shinoham

0
『夢応の鯉魚』が一番好き!魚になったら魚の餌がおいしそうに思えちゃうんですね。2016/12/03

小心

0
小学生の頃これを読んで吉備津の釜に憧れた。一度鳴釜神事体験してみたいものだわ。2013/10/03

みょん

0
2010/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/466244

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。