講談社選書メチエ<br> イスラムと近代化―共和国トルコの苦闘

個数:
電子版価格 ¥1,566
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
イスラムと近代化―共和国トルコの苦闘

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585446
  • NDC分類 226.6

内容説明

「世俗化」=「近代化」「イスラム」=「反動」では、ない。「共和国トルコの父」ケマル・アタテュルクによって否定されたはずのイスラムは、なぜその後も長く生き残ったのか。幾重にも複雑に絡まった糸を解きほぐし、イスラム世界における近代化の問題を「脱イスラム」のフロントランナー、トルコ共和国の歩みから読み解く。

目次

序章 オルハン・パムクと「東洋VS.西洋」
第1章 トルコ共和国成立前後における改革とイスラム(オスマン帝国における改革の進展;トルコ共和国における世俗化改革の進展)
第2章 ポスト・アタテュルク時代のイスラム派知識人(イノニュ時代の幕開け;複数政党制への移行とイスラム派知識人)
第3章 一九五〇~七〇年代のイスラム―ヌルジュとトルコ‐イスラム総合論(民主党政権の誕生から六〇年クーデタへ;第二共和政から八〇年クーデタへ)
第4章 第三共和政下のイスラム―ギュレン運動、公正発展党(クーデタ後の体制下におけるイスラム;ギュレン運動の台頭;イスラム政党の自己変革と軍部の介入;イスラム政党とギュレン運動の新展開)
終章 ふたたび「東洋VS.西洋」

著者紹介

新井政美[アライマサミ]
1953年生まれ。東京大学文学部卒業。現在、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。トルコ近代史を専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

イスラムと近代国民国家は、いかにすれば両立可能か? イスラム世界における近代化の難問を、トルコ共和国の苦闘を通して概観する。

イスラムと近代国民国家は、いかにすれば両立可能か? イスラム世界における近代化の難問を、トルコ共和国の苦闘を通して概観する。