死刑判決は『シルエット・ロマンス』を聴きながら―林眞須美 家族との書簡集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062135139
  • NDC分類 368.6

内容説明

あの夏から8年…「和歌山カレー事件」で逮捕・拘置された林眞須美のだれも知らない真実がついに浮き彫りになる。

目次

序章 散り散りになる家族
第1章 バカママでした
第2章 夢見たがりの、いつもヒロイン
第3章 子どもたちの試練
第4章 死刑判決への微笑
第5章 胸騒ぎの控訴審
第6章 壊れゆく家族
終章 最後の闘い

著者紹介

林眞須美[ハヤシマスミ]
1961年7月22日、3人兄妹の長女として和歌山県で生まれる。大阪の看護学校卒業後、林健治氏と結婚、1男3女の母。98年7月の和歌山カレー事件で、同年10月逮捕。02年12月の一審、05年6月の二審とも死刑判決を受け、現在上告中

高橋幸春[タカハシユキハル]
1950年、埼玉県生まれ。75年ブラジル移住、パウリスタ新聞社勤務。78年帰国後フリーライター

長冨俊和[ナガトミトシカズ]
1961年、千葉県生まれ。「女性自身」の記者として、人物ルポや宮崎勤・連続幼女誘拐殺人事件をはじめ、和歌山カレー事件、「てるくはのる」による京都小2男児殺害事件、大阪・池田小児童殺傷事件など、数多くの事件を取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)