環流

電子版価格 ¥1,881
  • 電書あり

環流

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 321p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062130547
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

祖母はここに嫁ぎ、母はここから出たことがない。そして、私は―母娘3世代、女の感性を描いて現代随一の作家が『水霊』のタイトルで新聞に連載した本当の「大河小説」。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kyoko

6
祖母と母の3人暮らしの16歳のかおりの日常。川のそばでの暮らしの歴史、祖母と母の過去の思い出も交えながら静かだけど心に残る物語でした。昨年亡くなったと後で知り、もう新刊が読めないのか~と残念な気持ちになりました(/_;)2015/07/11

ハセタツ

0
僕たちはいつか死ぬ。でも想像力は人から人に受け継がれて、百年だって二百年だって生きるでしょう。2015/04/03

gawk2

0
「半島へ」が面白かったので引き続き。娘、母、祖母の三世代それぞれの視点からの物語が絡み合う。女性の内面の描写はすごいと思う。濃すぎて息継ぎがいるくらい。自分が男だから必要以上にそう思うのか。ストーリーとしてはあまり面白くないのだが、「生活」「土地」の描き方はホント生々しくて、かつ心地いい。3本の川のデルタ地帯に行ってみたくなった。 他の作品も読んでみよう。2012/07/20

ちゅら。

0
川面より低い土地で暮らす人々の水との関わりを、高校生を主人公にして純粋な透明度の高さで描いている。2011/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/449726

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。