AI白書〈2019〉企業を変えるAI 世界と日本の選択

個数:
電子版価格 ¥3,080
  • 電書あり

AI白書〈2019〉企業を変えるAI 世界と日本の選択

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 496p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784049110142
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0004

内容説明

経営者からエンジニアまで大好評だった『AI白書』の最新版!(1)豊富な実例が、AIビジネスの企画立案、実装の参考に。(2)知っておくべき、海外の動向、国内外の関連施策を把握できる。(3)各種調査、アンケート結果など、豊富なデータがAI導入に役立つ。

目次

第1章 AIが壊すもの、創るもの(対談1 AI経営と日本の目指すべき道(冨山和彦(株式会社経営共創基盤代表取締役CEO)×中島秀之(本書編集委員長))
対談2 感情価値や欲望の部分をAIで勝ちに行け(尾原和啓(Professional Connector、ITジャーナリスト)×松尾豊(本書編集委員)) ほか)
第2章 技術動向(総論(技術の全体像、マッピング)
ディープラーニング ほか)
第3章 利用動向(総論;技術分野別のディープラーニングの利用動向 ほか)
第4章 制度政策動向(総論;知的財産 ほか)
第5章 AIの社会実装課題と対策(総論;社会実装に係る課題調査 ほか)

出版社内容情報

日本での人工知能の社会実装は間に合うのか?▼国内と海外の人工知能の最新動向がすべてわかる、網羅的な白書の最新版

 “ディープラーニング”(深層学習)の登場以降、大変な盛り上がりとなっている人工知能(AI)。すでに研究段階から、社会への実装へとステージが進んでいて、一過性のブームでないことは明らかです。
 しかし、海外、とくに米国・中国に比べて、AIの社会実装という面では、日本は大きく遅れをとっていると言われています。そして技術面においても、先行しており、かつ人的にも資金的にも大きなリソースを投入している米中に、日本が追いつくことは容易ではありません。これからの産業構造に大きな変革をもたらすであろうAIに、日本企業は、社会は、この先どう向き合っていけばいいのでしょうか。
 本書は、AIの基礎的な技術解説から、国内外の多様な先行導入事例、制度・政策面での取り組み、中国のAI動向データや企業経営者の意識調査結果まで、AIにまつわる幅広い話題を網羅して収録しております。企業や社会がAIを実装するにあたってのひとつの指針として、本書をご活用いただけます。

▼最新技術から利用動向、制度や政策まで、関連する話題を網羅

本白書は、大きく5つの章から構成されます。

□第1章 AIが壊すもの、創るもの
 ・対談 冨山和彦(経営共創基盤CEO)×中島秀之(本誌編集委員長)
 ・対談 尾原和啓(ITジャーナリスト)×松尾 豊(本誌編集委員)
□第2章 技術動向
 ・ディープラーニング、自然言語処理、身体性とロボティクス等
□第3章 利用動向
 ・国内、海外の利用動向、AI市場規模
□特集 データで見る中国のAI動向
□資料 企業におけるAI利用動向アンケート調査
□第4章 制度政策動向
 ・知的財産、AIに関する原則、ガイドライン、国内外の政策動向等
□第5章 AIの社会実装課題と対策
 ・社会実装に係る課題調査、社会実装推進の方向性等

独立行政法人情報処理推進機構 AI白書編集委員会[ドクリツギョウセイホウジンジョウホウショリスイシンキコウ エーアイハクショヘンシュウイインカイ]
編集