人生を逆転する学校―情熱こそが人を動かす

電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり

人生を逆転する学校―情熱こそが人を動かす

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048850872
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

学習障害がまだ知られていなかった約30年前。子ども達の「場」を作った塾講師がいた。1985年、日本初の“企業外にある企業内学校”「宮澤学園」立ち上げ。99年、日本初の“学習センター方式を採用した登校型広域通信制高校”「星槎国際高等学校」を開校。たった二人の生徒から始めた塾は、グループ全体で約1万7千人の若者が集う“学校”に成長している。教育界に初めてベンチャーを興し、“日本初にして、唯一の学校”をつくり続ける男の一代記。

目次

第1章 日本で唯一の塾をつくる(「お前、塾やったら」;「一〇〇万円持ってこられるかい?」 ほか)
第2章 日本で唯一の学校をつくる(企業内学校に注目する;見切り発車、ビルの一室が学校に? ほか)
第3章 闘う人生は一〇歳から始まった(介護福祉士資格創設と同時に福祉専門学校を開校する;大きな器をもっていた祖父 ほか)
第4章 倒産、挫折、そして再起(悪夢の始まり;突然の白紙手形が襲う ほか)
第5章 日本で唯一。学校の中に町をつくる(大学をつくろう!;特別支援教育機関の先鋒となる ほか)

著者紹介

宮澤保夫[ミヤザワヤスオ]
1949年東京都町田市に生まれる。慶應義塾大学文学部中退後、72年に学習塾「鶴ヶ峰セミナー」を開設。生徒二人の塾から、一代で幼稚園~大学まで揃った星槎グループを立ち上げる。現・会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)