角川文庫<br> かわいい顔して…

電子版価格 ¥462
  • 電書あり

角川文庫
かわいい顔して…

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 217p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041801123
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

渡る世間はエセ面ばかり。誰もがかぶるガラスの仮面―。子どものころは誰でも感情と表情が直結しているものですが、大人になったら感情をそのまま表情に出すわけにはいきません。時には本当の気持ちを表情によって隠したり、適当とされる表情を作ってみたり…。そんな複雑怪奇な大人の面々を眺め、「なんでこの人は今、こんな表情をしているの?」「この顔の裏にはどんな気持ちがあるの?」と勝手に憶測し、表情に隠されたドラマと本音を鋭くえぐる、爆笑辛口顔面エッセイ。

目次

1 「見られたい人々」(女子アナ顔―ビールかけられて喜ぶ;モデル顔―一般大衆を見下す ほか)
2 「本能に従う人々」(カップル顔―愛がまきちらす害毒;寝顔―寝ている間に好かれたい ほか)
3 「困惑する人々」(サラリーマン顔―ゴミは出しても誇りは高い;乗客顔―自動改札でハマる人々 ほか)
4 「演技する人々」(新婦の友人顔―笑顔の影に嫉妬あり;患者顔―医者の前での従順 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

myunclek

10
様々な状況で人しか見せない表情の考察。ふむふむ、なるほどねと思ったり自分自身思い当たったり。よくもまあ、これだけのパターンを1冊のエッセイに出来たもんだと感心しきり。酒井順子初読み。2018/10/25

ハル

6
同感するところが多いけれど、どうでもいいと思う事も多かった。多分、作者がこれを書いた時より私自身が歳をくって、通り過ぎて来た事が多いのだと思う。エッセイって、書いてる作者の年齢も大事だなあ〜。2021/01/12

ますみ

2
酒井順子さんのエッセイはちょこちょこ読んでいるんだけど、今回の作品は、いまひとつ、テンポが合わなかったなー。書いてることは、わかるわかる~なんて共感できる部分もあるのだけど、なんていうか、ほんとにテンポが合わない(笑)。ま、そういうこともあるよねー。2017/06/26

cithara

2
酒井さんは昔から「自意識過剰」な人だったんだな、と改めて思う。ビールかけのレポート中の女性アナウンサーの様子とか、ドライバーの表情とか、私は全く考えたことがなかった。だから彼女の指摘にいちいち「ああそうだった…」と毎回感心させられているわけだが。でもいつも周囲を気にしている生活は疲れないだろうか? と酒井さんの精神衛生面が気になってしまう私。いくらそれが彼女の書きものの持ち味とはいえ… 彼女に比べたら辛酸なめ子さんは気楽なのかなあ。人間の目に見えない霊体が相手だし。なめ子さんなりの苦労はあると思うが。 2013/11/28

しろいるか

2
シニカルなところが読んでて爽快。2006/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/529922

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。