角川文庫<br> 逆転―二係捜査〈2〉

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

角川文庫
逆転―二係捜査〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 23時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041137703
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

十年前、日野市の女児殺害の容疑で逮捕された野村栄慈 は、二審で逆転無罪となった。だが、その野村が、再び逮捕された。茨城で殺害された女児の発見現場付近で、彼の姿が防犯カメラに映っていたのだ。日野市の事件を担当した警視庁の信楽と森内は、野村の余罪を洗うべく捜査を開始する。一方、野村の無罪を勝ち取った人権派弁護士の岸は、今回の事件でも弁護人を引き受けるが――。衝撃の結末が待ち受ける、書き下ろし。

内容説明

10年前、日野市の女児殺害の容疑で逮捕された野村栄慈は、二審で逆転無罪となった。だが、その野村が、再び逮捕された。茨城で殺害された女児の遺棄現場付近で、彼の姿が防犯カメラに映っていたのだ。日野市の事件を担当した警視庁の信楽と森内は、野村の余罪を洗うべく調査を開始する。一方、野村の無罪を勝ち取った人権派弁護士の岸は、今回の事件でも弁護人を引き受けるが―。衝撃の結末が待ち受ける、書き下ろし。

著者等紹介

本城雅人[ホンジョウマサト]
1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒業。産経新聞社入社後、サンケイスポーツで記者として活躍。2009年、『ノーバディノウズ』で第16回松本清張賞候補となり、作家デビュー。10年、同作でサムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。17年、『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ma-bo

86
家出人を含めた行方不明者の捜索を専門とする部署「二係」。信楽巡査部長が主人公のシリーズ2作目。10年前に女児殺害容疑で逮捕されたものの、二審で逆転無罪となった野村が再び逮捕される。野村の無罪を勝ちとった人権弁護士を標榜する岸は再び弁護人を引き受けるが。今作は資料を読み込み端緒を掴むというのではなく、容疑者、弁護士との過去の因縁。中心になるのも部下の森内と、新聞記者の藤瀬の話だった。2024/01/19

タイ子

85
3か月連続刊行・第2弾。マスコミ大好き、自ら人権派弁護士とのたまっている弁護士・岸。なんてことはない、自分の利益と保身で凝り固まり有罪被告も無罪判決にしてしまう。そんな弁護士相手に二係の信楽と森内が挑む。10年前、女児殺害容疑で逮捕された男が逆転無罪になるも、数年後別の女児殺害で逮捕される。あの時、有罪にしていたら今度の事件は起こらなかった。その悔しさを胸に容疑者の余罪を洗い始める。そして、見えてきた真実…。刑事と記者の矜持が気持ち良いくらい胸に迫る。今回、信楽の家族と過去が語られるがそれが切ない。2023/11/16

47
人権派弁護士が相手。犯罪捜査とは少し違う楽しみ2024/03/31

達ちゃん

25
信楽シリーズ2作目もなかなか渋い面白さ。最後の胸のすく逆転劇は爽快です。3作目が早くも楽しみです。2024/04/05

きあら

22
女児殺害容疑で逮捕された野村は二審で逆転無罪となったが、10年後再び女児殺害容疑る。無罪を勝ち取った岸弁護士が再び弁護人になる。対するのは二係捜査の信楽と森内、そして記者の藤間。このシリーズは正直あまり期待はしていなかったけど、読み応えがあって思いの外良い。キャラが魅力的。そのキャラ、信楽や二階堂が前作より柔らかく感じるのは気の所為?2023/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21567748
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。