角川文庫<br> 弥勒世(みるくゆー)〈上〉

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり

角川文庫
弥勒世(みるくゆー)〈上〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月26日 10時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 722p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043442096
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

返還前夜、暴発寸前の沖縄の怒りと闇を描きだす傑作小説!沖縄返還直前、タカ派御用達の英字新聞記者・伊波尚友は、CIAと見られる二人の米国人から反戦運動家たちへのスパイ活動を迫られる。グリーンカードの発給を条件に承諾した彼は、地元ゴザへと戻るが――。

馳 星周[ハセ セイシュウ]
著・文・その他

内容説明

施政権返還直前の沖縄、那覇。英字新聞リュウキュウ・ポストの記者・伊波尚友は、ある日ホワイトとスミスと名乗る2人のアメリカ人から反戦活動に関するスパイ活動を迫られる。離島出身ゆえに幼少の頃から差別を受け、沖縄にも日本本土にも憎悪を募らせる尚友は、グリーンカードの取得を条件に承諾。コザに移り住み、反米反基地活動に身を投じながら情報を集めていく―。

著者等紹介

馳星周[ハセセイシュウ]
1965年、北海道生まれ。横浜市立大学文理学部卒業。96年、『不夜城』でデビュー。翌年、同作品で第18回吉川英治文学新人賞を、98年、『鎮魂歌―不夜城2』で第51回日本推理作家協会賞を、99年、『漂流街』で第1回大藪春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

koba

25
★★☆☆☆ 2019/03/27

みどり

3
沖縄返還は私にとってはもう、学校に通っていて、 きちんと授業を受けて、テレビでそのニュースを生で見ていた話。 家族旅行で沖縄に行くときには、パスポートが必要だった時代。 それを、「平成の時代」に、タイムスリップしたような感覚で描かれているのを読むのはすごく不思議だった。長い話、下巻が気になる。2021/09/07

terukravitz

3
★★★★☆2018/11/20

なかなこ

3
非常に面白いです。相変わらずすごいボリュームなので睡眠時間がどんどん削られます。下巻へいきます。2015/08/02

しーふぉ

2
沖縄がまだアメリカに占領されていた時、返還前夜の沖縄が舞台です。白人は黒人を本土は沖縄を沖縄本島は離島を差別していた。今の基地問題についても、沖縄に住んでいなければ本質は見えてこない。2013/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4586070

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。