悪玉伝

個数:

悪玉伝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 23時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 325p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784041069196
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

江戸時代最大の贈収賄事件の行く末は? 歴史エンタメの最高峰。大坂の炭問屋・木津屋の主の吉兵衛は、稼業は番頭らに任せ、自らは放蕩の限りを尽くしてきた。そこへ実の兄・久佐衛門の訃報が伝えられる。実家である薪問屋・辰巳屋へ赴き、兄の葬儀の手筈を整える吉兵衛だったが、辰巳屋の大番頭・与兵衛や甥の乙之助に手を引くように迫られると、事態は辰巳屋の相続争いに発展する。上方で起こった相続争いの噂はやがて江戸に届き、将軍・徳川吉宗や寺社奉行・大岡越前守忠相の耳に入る一大事に。将軍までも巻き込んだ江戸時代最大の疑獄事件の結末は――。


朝井 まかて[アサイ マカテ]
著・文・その他

内容説明

大坂の炭問屋の主・木津屋吉兵衛は、切れ長の目許に高い鼻梁をもつ、三十六の男盛り。学問と風雅を好み、家業はそっちのけで放蕩の日々を過ごしていた。そこへ実の兄の訃報が伝えられる。すぐさま実家の大商家・辰巳屋へ駆けつけて葬儀の手筈を整えるが、事態は相続争いに発展し、奉行所に訴状が出されてしまう。やがて噂は江戸に届き、将軍・徳川吉宗や寺社奉行・大岡越前守忠相の耳に入る一大事に。真っ当に跡目を継いだはずが謂れなき罪に問われた吉兵衛は、己の信念を貫くため、将軍までをも敵に回した大勝負に挑むが―。

著者等紹介

朝井まかて[アサイマカテ]
1959年、大阪府府生まれ、甲南女子大学文学部卒業。2008年、小説現代長編新人賞奨励賞を『実さえ花さえ』(のちに『花競べ 向嶋なずな屋繁盛記』に改題)を受賞し、デビュー。14年に『恋歌』で直木賞を受賞したのを皮切りに、同年『阿蘭陀西鶴』で織田作之助賞、15年『すかたん』で大阪ほんま本大賞、16年『眩』で中山義秀文学賞、17年『福袋』で舟橋聖一文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

261
朝井まかては、新作中心に読んでいる作家です。大岡越前VS大阪の豪商×贈収賄、珍しいテーマ、一気読みでした。美しい幼妻お瑠璃が、大変魅力的です。著者版、紫の上でしょうか?2018/08/11

いつでも母さん

234
所は大阪。兄が急逝した実家の辰巳屋を守る為、弟の炭問屋・木津屋吉兵衛が乗り出した。ところが相続争いに発展し、どうしたことか大坂だけで治まらず、お江戸にまでしょっ引かれる羽目に・・実際の事件だったのね。流石はまかてさんの手にかかると、人物が活き活きと躍動してる。吉兵衛は悪玉だったのか?小悪党はごろごろいたけれど、牢獄内では良く生き残ったし身代を潰す事になったのだからやっぱり吉兵衛は悪玉だよね。それと取引きした唐金屋はもっと悪玉だろう。愛すべき悪玉・吉兵衛よ、妻・瑠璃と二人どこまでも生きて行け! 2018/09/03

ナイスネイチャ

158
図書館本。辰巳屋騒動という実際起こった事件の話。大岡忠相や吉宗など出てきて主人公の吉兵衛が悪玉。ただその吉兵衛目線で描いており、著者の味が出て面白く読まさしていただきました。2018/12/27

とん大西

136
痛快爽快なピカレスクと思いきや、なかなかのシビアな展開。ちょいとばかしモヤッと感が残る読了になったと思ったら史実がベースになってたんやね。知らんかったです。8代吉宗の治世に官民を巻き込んだ大疑獄事件。その元凶とされる辰巳屋吉兵衛。人身掌握に長けた大坂の富商は粋で風流で洒脱な悪玉。巻き起こしたのか巻き込まれたのか、視点が変われば善も悪になり、悪も善となる。さて、本当の悪玉は誰なんでしょうか。そんなダンディな余韻を残してくあたりが心ニクいです。2019/06/05

はる

129
史実では悪人とされた辰巳屋吉兵衛。だが実はそうではなく、その想いはどこまでも真摯だった…。大阪商人の意地と誇りを賭けた、一人の男の壮絶な闘い。大阪愛溢れる朝井まかてさんらしい作品。実際、この騒動は人によって誰が悪なのか意見が分かれるらしい。悪人と言われている人も視点を変えれば…という考えは面白い。どんどん追い込まれていく吉兵衛の姿は読んでいて苦しかったが、ラストはようやく穏やかな雰囲気になってホッとした。じうが実在の人物と知ってびっくり。2018/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12918801

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。