GOLFスピード上達シリーズ<br> プロゴルファーはなぜ300yも飛ばせるのか―秀道流「飛ばし」の極意

個数:

GOLFスピード上達シリーズ
プロゴルファーはなぜ300yも飛ばせるのか―秀道流「飛ばし」の極意

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月09日 00時10分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584137604
  • NDC分類 783.8
  • Cコード C0075

目次

第1章 プロに近づく飛ばしの哲学(ゴルフは飛べば飛ぶほど有利なスポーツだ;280y真っすぐ飛ばすには300yのポテンシャルが必要 ほか)
第2章 プロに近づく飛ばしのメカニズム(グリップはできるだけゆるく握ろう;スムーズに動き出せるようにアドレスする ほか)
第3章 プロに近づく飛ばしの極意(飛ばしの極意は「右サイド」で打つこと;意図的な体重移動はリスクが大きい ほか)
第4章 プロに近づく飛ばしの練習(「素振り」は場所と時間を問わずにできる最高の練習;練習1 連続素振り ほか)

著者等紹介

田中秀道[タナカヒデミチ]
広島県広島市生まれ。瀬戸内高校卒業と同時に信和ゴルフに研修生として入社。2年後の1991年にプロテストに合格。1995年の「フィリップモリス・チャンピオンシップ」でツアー初優勝を果たすと、1998年の「日本オープン」でメジャータイトルを獲得。その後も勝ち星を積み重ね、国内通算10勝をあげた2001年末、アメリカPGAツアーの「Qスクール」最終予選に合格し、翌年からPGAツアーにフル参戦。並みいる強敵を相手に5年間シード権を維持したあと、2007年に日本ツアーに復帰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

小柄ながらツアー屈指の飛ばし屋として活躍してきた田中秀道プロ長年かけて研究してきた「飛ばしの極意」を詳しく解説。