MF文庫J<br> 今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。〈3〉3年分の「ありがとう」だよ、先輩

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

MF文庫J
今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。〈3〉3年分の「ありがとう」だよ、先輩

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040649474
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

生原小織。怪しげな露天商ナナさんの店でバイトをしている、正体不明・詳細不明・神出鬼没の後輩…のはずだった。そんな彼女が、病院で眠り続ける「思い出せない僕の親友」と同じ名前・顔をしているという。この不可思議な状況、「生原小織」は間違いなく“星の涙”を使っている、はずだ。「私の―生原小織の願いを否定してほしいんだ」僕は何もかもを忘れてしまっていた。「生原小織」の素顔、口調、性格、彼女と僕の関係。彼女が何を想い、何を願って“星の涙”に縋ってしまったのか。それら全てに、全ての感情に藍をしてきたのだ。そして―そもそも対価を払ったのは誰だったのか、ということにも。