MF文庫J<br> Re:ゼロから始める異世界生活〈21〉

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

MF文庫J
Re:ゼロから始める異世界生活〈21〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月17日 00時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040640068
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

魔女教との戦いが終わり、しかし、深い傷跡の残された水門都市。日常を、『名前』を奪われた人々を救うため、スバルたちは『賢者』の塔を目指して、最果ての地へと旅立つ。魔獣の巣窟であり、濃密な瘴気の漂うアウグリア砂丘。前人未踏の砂の海を越える鍵、それは囚われの『魔獣使い』――。思い出を失った鬼の姉妹、『魔女』の名を名乗る人工精霊。そして、『名前』を失った『最優の騎士』と共に、一行はプレアデス監視塔へと挑戦する!
「目覚めたとき、最初に見る顔が俺であってほしい。――それはたぶん、俺のエゴなんだよ」
大人気Web小説、波乱と挑戦の第二十一幕。――愚かな挑戦者へ、渇いた砂の洗礼を。

内容説明

魔女教との戦いが終わり、しかし、深い傷跡の残された水門都市。日常を、『名前』を奪われた人々を救うため、スバルたちは『賢者』の塔を目指して、最果ての地へと旅立つ。魔獣の巣窟であり、濃密な瘴気の漂うアウグリア砂丘。前人未踏の砂の海を越える鍵、それは囚われの『魔獣使い』―。思い出を失った鬼の姉妹、『魔女』の名を名乗る人工精霊。そして、『名前』を失った『最優の騎士』と共に、一行はプレアデス監視塔へと挑戦する!「目覚めたとき、最初に見る顔が俺であってほしい。―それはたぶん、俺のエゴなんだよ」大人気Web小説、波乱と挑戦の第二十一幕。―愚かな挑戦者へ、渇いた砂の洗礼を。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

55
新章に入り久々の死に戻り展開。やっぱりキツい冒険にしかならないんですね。ソコをいかに乗り越えてくれるのか、スバルに期待です。レム復活のカウントダウンか?2021/07/04

よっち

38
魔女教との戦いが終わり、しかし、深い傷跡の残された水門都市。日常を、『名前』を奪われた人々を救うため、スバルたちは『賢者』の塔を目指して、最果ての地へと旅立つ第二十一弾。思い出を失った鬼の姉妹、魔女名をを名乗る人工精霊。名前を失った『最優の騎士』たちと共に向かうプレアデス監視塔に待ち受ける困難。塔にたどり着くまでの絶望的な何度もの死に戻りが久しぶりというか何ともしんどい展開でしたけど、その中でスバルに訪れた変化の兆しとか、最後の展開がいろいろ気になりました。レムたちきちんと元に戻れるといいんですけどね…。2019/10/16

かんけー

32
読了♪遂に始まった第六章♪表紙の姉樣とレムりんの2ショットが嬉しく感涙!冒頭、ユリウスのモノローグから入るも?スバルは複雑な胸中で。久し振りのロズワール邸での心休まる描写にホッコリ♪ペトラの乙女心はスバルの想像じゃあ追い付かない次元だから???の連続に苦笑(^_^;)ロズワールは相変わらずだけどwスバルとエミリアも慣れたもんで、ベアトリスも挟んで?各人の想いの衝突が読んでてとても心地善い(^.^)スバルのレムに対する想いの深さに今更ながら共感する♪中盤以降、緩やかだった展開も賢者が居ると言う監視搭を→2019/09/28

まるぼろ

20
第六章開幕、水門都市での戦いにて発生した様々な問題を解決するべく、スバル達一行は記憶を奪われたユリウスや同様に眠ったままのレムを連れてアウグリア砂丘にある「賢者」の塔を目指すが…と言うお話です。まだ始まったばかりだと言うのに中々ハードな展開で面白かったです。そんな中でもスバルやラムやユリウスなどが弱い所を見せながらも「塔」への攻略を進めていく所は良かったかなと。そして「賢者」との対面にて発せられた言葉の意味は…、次巻も楽しみです。幕間のガーフとミミの話も色んな意味で癒やされてとても良かったです。2019/10/05

ぎゃぐれー

12
新章開幕。このシリーズにしては珍しく(?)冒険してる。まあ、それでもやっぱり並の作品より遥かに厳しい道のりなワケだけど。今回、久しぶりに心が折れそうな死に方をしたなぁ。2019/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14297321

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。