幸せな子―アウシュビッツを一人で生き抜いた少年

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784022503473
  • NDC分類 936
  • Cコード C0098

内容説明

子供が「選抜」で真っ先に殺された二つのゲットー、アウシュビッツ、死の行進―たった10歳の少年がひとりぼっちで生き延びたのは、いくつもの幸運が重なったからだった。

目次

ルボフニャからポーランドへ
カトビツェ
キエルツェのゲットー
アウシュビッツ
アウシュビッツ死の行進
解放
ポーランド軍へ
オトフォツクからゲッティンゲンへ
新たな始まり
ゲッティンゲンの暮らし〔ほか〕

著者等紹介

バーゲンソール,トーマス[バーゲンソール,トーマス][Buergenthal,Thomas]
国際司法裁判所判事。1934年チェコスロバキア、ルボフニャ生まれ。第2次大戦中、10歳でアウシュビッツ強制収容所に送られるが、奇跡的に助かり解放される。父親は収容所内で死亡するが、母親とは終戦後再会。親戚を頼って17歳で米国へ渡り、米国ウエスト・バージニア州ベサニー大学卒業後、ニューヨーク大学法科大学院にて法務博士、ハーバード大学法科大学院にて法学博士号取得。アメリカン大学付属ワシントン法科大学院学長、ジョージア州アトランタのカーター・センター人権プログラム・ディレクター、ジョージ・ワシントン大学法科大学院国際法・比較法教授などを経て2000年より現職。前・米州人権裁判所判事、国連人権委員会メンバー。エルサルバドル真相究明委員会に任命され、エルサルバドル内戦中の人権侵害について調査報告に尽力。国際法に関する著書・論文など多数。人権問題の専門家として高い評価を得る

池田礼子[イケダレイコ]
スイス・ジュネーブに生まれる。慶応義塾大学法学部卒業後、在ジュネーブ国際問題高等研究所にて修士号を取得。その後、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連児童基金(UNICEF)および国連本部にて、主に紛争・貧困下における子ども達の問題、また難民問題の解決に取り組む。現在は東京在住、二児の母として育児に専念しながら、これまでの経験を執筆中

渋谷節子[シブヤセツコ]
東京大学文学部英語英米文学科卒業。企業に就職したのち、異文化理解・文化摩擦・人種問題などに興味を持ち東京大学教養学部に学士入学、文化人類学を学ぶ。卒業後ハーバード大学にてベトナム農村の家族と社会変容をテーマに研究し、人類学博士号取得。ジュネーブ現代アジア研究所客員研究員を経て、現在は東京在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。