人と出会う―一九六〇~八〇年代、一編集者の印象記

個数:

人と出会う―一九六〇~八〇年代、一編集者の印象記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月25日 10時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 194p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000245036
  • NDC分類 281
  • Cコード C0095

内容説明

元「文藝春秋」「ナンバー」編集長が語るとっておきの逸話集。学者・作家・芸術家・アスリートなど38人の人間万華鏡。

目次

1 取れなかった原稿(丸山真男―頭脳労働者の話芸;川端康成―最期の十三枚 ほか)
2 文壇・文士・学者あれこれ(小林秀雄―温かくポッと光る目;立原正秋―早春の産毛 ほか)
3 アスリートとマレビト(織田幹雄―無念、忍者跳びならず;遊佐幸平―夢の中でも年を取る ほか)
4 忘れ得ぬ人びと(劉彩品―ラジカルお劉さん;夏之炎―天安門事件が転機になった ほか)

出版社内容情報

「文藝春秋は私なしでもやっていける」と言われて原稿がとれなかった丸山真男をはじめ、林達夫、大内兵衛、小林秀雄、松本清張、司馬遼太郎、宮本常一、石垣りん、織田幹雄、山下清、田中美知太郎など学者・作家・アスリートたち35篇のスケッチ集。