バブル・リレー―21世紀型世界恐慌をもたらしたもの

個数:
  • ポイントキャンペーン

バブル・リレー―21世紀型世界恐慌をもたらしたもの

  • 山口 義行【編】
  • 価格 ¥1,944(本体¥1,800)
  • 岩波書店(2009/02発売)
  • プレミアムフライデーポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 36pt
  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000244466
  • NDC分類 332
  • Cコード C0033

内容説明

「膨張」と「破裂」を繰り返しながら世界をめぐってきたバブルがついに爆発―現代経済の大転換、そしてアメリカ一極支配構造の変容を解明する。

目次

1 バブル・リレーで走り続ける世界経済(オイルマネーに焚きつけられた中南米バブル;過剰ドルをジャパン・マネーにした日本の不動産バブル;「奇跡」から「危機」へ―東南アジアバブル;「根拠なき熱狂」の渦―アメリカの株式バブル;「金融資産バブル」を生み出したアメリカの住宅バブル)
2 アメリカの「双子」のバブル(住宅バブルをもたらした金融メカニズム;住宅バブルの深層;金融資産バブルと危機の連鎖;双子のあっブル崩壊後のアメリカ経済)
3 国際過剰資本がバブルを生んだ(国際過剰資本の「源泉」としての過剰ドル;金融グローバリゼーションと国際過剰資本;金融イノヴェーションと国際過剰資本;国家過剰資本のアメリカ回帰)
4 バブル・リレーは終焉するか―「二一世紀型世界恐慌」とパラダイム・シフト(バブルはなぜ繰り返すのか;「二一世紀型世界恐慌」とバブル・リレー)

著者紹介

山口義行[ヤマグチヨシユキ]
立教大学経済学部教授。金融論。「政策工房J‐Way」代表。「中小企業サポートネットワーク」代表。1951年生まれ。立教大学大学院修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)