沖縄の淵―伊波普猷とその時代

  • ポイントキャンペーン

沖縄の淵―伊波普猷とその時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 332p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000002493
  • NDC分類 289
  • Cコード C0023

出版社内容情報

沖縄学の父,伊波普猷.「民族」文化の自立と従属のはざまで――近代沖縄の矛盾と苦闘しつつ,民俗研究の独自のフィールドを切り拓いた民間学者の生涯を追う.近代思想史上,他に類をみない文体を獲得した思想の全体像.

内容説明

沖縄学の父、伊波普猷―。ヤマトによる政治支配と文化侵略のもとで、沖縄文化の固有性を守り、民族の独自性に拠って立つ道はあっただろうか。伊波普猷は、その問いを担って、民族文化の自立と従属のはざまを歩み続けた。日本近代の民間学史上、稀有な学風と文体を育てた個性の秘密を探る評伝。

目次

第1章 世替りを受けとめて
第2章 新知識人の誕生と帰郷
第3章 『古琉球』
第4章 精神革命の布教者
第5章 転回と離郷
第6章 「孤島苦」と「南島」意識
第7章 「父」なるヤマト
第8章 亡びのあとで

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MrO

0
沖縄の、複雑な本土との関係を正直に体現した先駆者。今からの視点で欠点をあげつらうことは簡単にできるのだろうが、意味をなさない作業にしか思えない。正当に受け継ぐ志が必要だと感じた。2010/08/11

Y_Kuroyanagi

0
20180508ー201805132018/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/277022

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。