ビッグコミックス<br> 夏目アラタの結婚(12)

個数:1
紙書籍版価格
¥825
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックス
夏目アラタの結婚(12)

  • 著者名:乃木坂太郎【著】
  • 価格 ¥759(本体¥690)
  • 小学館(2024/03発売)
  • 春うらら!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~4/14)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098626922

ファイル: /

内容説明

真珠とアラタの究極結婚サスペンス、完結!

アラタと真珠の逃避行は事故により終わり、命はあったものの真珠からの申し出によりふたりは離婚した。
そして入院先でついに自ら殺人の事実を告白した真珠。明かされる真実とは何なのか、そして2人の「結婚」はどこへ行きつくのか...!?

拘置所でのプロポーズから始まったアラタと真珠の結婚サスペンス、物語はついに完結へ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

BUBI

10
最終巻です。こういう、全ての伏線を回収しきってきれいに終わる作品って素晴らしい。ずっと連載でも読んでいたのですが真珠を裁判所から連れ出すあたりの展開がワクワクして一番面白かったです。最終回の終わり方は感動してよかったのですが、実はその前の真珠とアラタの、お互いがお互いをどう思っていたか、真珠が周防を愛していた(!?)あたりのくだりが複雑すぎて、あまりちゃんと読み込めていません。真珠を愛した男達の絶望に、今の私があまり共感できないせいかも。映画は見に行きたいけど好きな作品なだけに原作レイプにならないか不安。2024/04/06

毎日が日曜日

9
★★★- 完結。2024/04/01

5
4.5 新刊読了、完結。死への逃避行から一命をとりとめた真珠とアラタ。真珠がアラタのことを愛してるのは明らかなんだけど、だからこそ別れるという決意。卑屈ではあるけどある意味正常な思考回路ではあるよな。結局、家庭環境による歪みはあっても真珠はサイコパスなんかではなくて、怨恨や愛憎も含めてむしろ情深い女だった。道中類まれな引きの強さを持ちつつ、ラストや事件の顛末も含めて非常によくできたストーリーだった。さまざまなジャンルを手掛けてきた作者なので、また次回作も楽しみ。2024/04/12

たらこ

3
力強い物語でした。2024/04/01

ねむたろ@積読強化月間!!

3
心が軽くなるような着地だ…と思ったのはやはりずっとアラタと真珠を追ってきて、追っているうちにこの二人のことがだいすきになったからなんだろうなと思った。完結を見届ける事が出来て良かったです。2024/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21836192
  • ご注意事項