メディアワークス文庫<br> 黒狼王と白銀の贄姫III 辺境の地で最愛を得る

個数:1
紙書籍版価格
¥792
  • 電子書籍
  • Reader

メディアワークス文庫
黒狼王と白銀の贄姫III 辺境の地で最愛を得る

  • 著者名:高岡未来【著者】
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • KADOKAWA(2023/05発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784049147018

ファイル: /

内容説明

数々の試練を乗り越えて、幼い頃に生き別れた母親との再会を果たした贄姫エデル。黒狼王オルティウスからの温かな愛を一身に受けながら、王妃としての立場を少しずつ、だが着実に自覚し始めていた。
そんな折、南東の隣国ヴェシュエから息子フォルティスに13歳の押しかけ花嫁候補がやってくる。わずか1歳の我が子の政略結婚話にエデルは困惑するが、その訪問の裏に二国間の関係を揺るがす複雑な事情があることを知り――。
これは、偽りの結婚で始まった二人が、幸せを育む物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

35
オルティウスに溺愛されながら、王妃としての立場を自覚し始めたエデル。そこに南東の隣国ヴェシュエから息子フォルティスに13歳の押しかけ花嫁候補がやってくる第三弾。現実的ではないわずか1歳の我が子の政略結婚話自体は否定しながらも、やってきた王女ベルベアラを歓待することしたオルティウスとエデル。そこからその訪問の裏に二国間の関係を揺るがす複雑な事情があり、ヴェシュエの後継者争いにも巻き込まれてゆく展開で、オルティウスと協力して対処に当たったエデルには確かな成長があって、甘い二人の距離感もなかなか良かったですね。2023/05/24

るぴん

33
1、2巻はネットで流し読み。やっと幸せで平和な日々が訪れたと思ったら、まだ1歳の息子フォルティスに隣国から13歳の押しかけ婚約者がやってきて、またひと騒動。このシリーズに侍女頭っぽい人が出てくると嫌な予感がする。エデルとオルティウスも隣国ヴェシュエの後継者争いと複雑な兄弟関係に巻き込まれるが、今回は2人の仲を裂こうとする事件ではないので、落ち着いて読めた。身内だろうとエデルに近づく輩には盛大に嫉妬するオルティウスが可愛い。2023/05/30

らび

29
まだ1歳の王子との婚姻を取り付けたい12歳(13だっけ?)の他国の王女。今回はよその国のお家騒動が火の粉から大火事になるところでした。これ系のストーリーには付き物の腹違いやら私生児やら継承順位やらで殺伐とするめんどくせ~案件が遺憾なく発揮されてまして、どれも似たようなものですが(でも好きw)ベルベアラ王女好きですよ。いつか彼女がルベルムに嫁いでくるかもですね。2024/02/06

はなりん

18
隣国からまだ乳児のエデル達の息子王子に婚姻の申し込みがあり、取り敢えず婚約ではなく友誼を結ぶために使節団を受け入れる。お相手の王女だけでなく、異母兄の王子までやってきて、隣国のお家騒動に巻き込まれ次々と事件が起こります。それでも、エデルと王の甘々なやり取りが随所にあり、安心感がありました。2023/08/06

starly

14
偽り結婚で始まった2人が幸せを育む第3巻。 子を授かったならば子の出番が多く子供視点での話しが多くなりがちな物語あるあるだが、今巻は我が子抜きの夫婦の会話が多く見られます。子を授かった後も夫婦の仲が良く微笑ましい。それに加え夫、オルティウスの弟の出番も多く彼の成長ぶりを感じました。 2023/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21133900
  • ご注意事項