創元ライブラリ<br> コ・イ・ヌール なぜ英国王室はそのダイヤモンドの呪いを恐れたのか

個数:1
紙書籍版価格
¥1,210
  • 電子書籍
  • Reader

創元ライブラリ
コ・イ・ヌール なぜ英国王室はそのダイヤモンドの呪いを恐れたのか

  • ISBN:9784488070878

ファイル: /

内容説明

英国王室の王冠で光り輝く、コ・イ・ヌール(光の山)と呼ばれる巨大なダイヤモンド。権力や富をもたらすと信じられたその宝石は、これまで数々の権力者に崇められると同時に、数多くの悲劇や凄惨な出来事を巻き起こしてきた──。豊富な資料を駆使して世界一有名なダイヤモンドの数奇な物語を描く、傑作ノンフィクション!/【目次】はじめに/第一部 玉座の宝石/第一章 インド前史のコ・イ・ヌール/第二章 ムガル帝国のコ・イ・ヌール/第三章 ナーディル・シャー イランのコ・イ・ヌール/第四章 ドゥッラーニ帝国 アフガニスタンのコ・イ・ヌール/第五章 ランジート・シング ラホールのコ・イ・ヌール/第二部 王冠の宝石/第六章 灰の町/第七章 少年王/第八章 イギリスへの道のり/第九章 万国博覧会/第十章 最初のカット/第十一章 ヴィクトリア女王の「忠実なる臣民」/第十二章 宝石と王冠/第十三章 「我々はコ・イ・ヌールを取りもどさねばならない」/謝辞/訳者あとがき/文庫化に寄せて

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

春風

7
ペルシア語で「光の山」を意味し、かつては世界最大ともいわれたダイヤモンド「コ・イ・ヌール」。インドで発見されたそれは、中央・南アジアの時の権力者が力の象徴として欲し、争奪には残虐性が常に伴った。本書はそんなコ・イ・ヌールが、ロンドン塔に収められるまでの稀有なる運命を辿るノンフィクション。シク王国君主 ランジート・シングの手に渡るまでは駆け足気味であったが、目新しいものばかりで面白い事請け合い。亡国の君主ドゥリープ・シングとイギリスとの物語でコ・イ・ヌールは、過去の植民地主義への対応の如何をも問いかける。2023/04/23

ふゆきち

1
どうしようもない権力争いと物欲の歴史。呪いの力なんてものは当然存在しないにしても、人々を狂わせるだけの魔性の魅力があったことは確かです。2023/03/24

kokekko

1
巨大なダイヤモンドの伝説にまつわるノンフィクション。のように読める歴史読み物。楽しい。2023/03/22

ning

0
面白かった!権力者が魅せられたダイヤモンドの波乱の歴史が語られる。インド、ペルシャとともにあった前章が特に引き込まれた。裏切りと陰謀、流血が繰り返される。ダイヤ自体も宝物庫から牢獄までさまざまに流転するがその輝きは増すばかり。まさに「ダイヤモンドは傷つかない」。シク王国最後の皇帝だったドゥリープ・シングの運命も悲しく、権力に振り回される人類の業(ごう)を考えてしまった。そしてコ・イ・ヌールを巡る争いの歴史はこれからも続いていくんだなあ。2023/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20728538
  • ご注意事項