嗜好機械の事件簿

個数:1
紙書籍版価格
¥1,100
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

嗜好機械の事件簿

  • 著者名:喜国雅彦【著者】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 東京創元社(2022/06発売)
  • 春うらら!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~4/14)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784488028732

ファイル: /

内容説明

ミステリを愛し、ミステリに狂わされたすべてのひとへ――本書に収められているのは、あなたのために蒐集された物語です。クローズドサークルから助かるコペルニクス的発想の転換、史上最高のトリックを考えた推理作家を待つ恍惚と誘惑、衆人環視下の殺人を可能にする驚愕の方法……脱力する笑いにひとさじ添えられた毒に、読めばいつしか病みつきになるはず。日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞に輝く唯一の漫画家による、謎と笑いのコレクション。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

麦ちゃんの下僕

144
漫画家として唯一「日本推理作家協会賞」&「本格ミステリ大賞」を受賞している喜国さんによる、古今東西のミステリーをネタにしたギャグ漫画集(笑) 作中に出てくるミステリー作品も、メジャーなものから超マイナーなものまでかなりの数ですし…“名作”への皮肉やツッコミ、ミステリーに対しての風刺も効いていて、とにかく笑えます!僕は特に横溝正史作品のパロディ「六つ墓村」「地獄の手毬唄」「太神家の一族」が好きですね♪︎(←探偵の名は「近代血」!?) コロナ禍をテーマにした4つの作品も、着眼点が秀逸で巧いなぁって思いました!2022/10/10

ぐうぐう

32
古今東西のミステリと戯れる『嗜好機械の事件簿』。その戯れ方が半端ない。冒頭、鉄道ミステリ博物館を舞台にした「鉄の城」からして、ミステリ愛に溺れるマゾっ気な快感を味わえる(『黒いトランク』や「押し絵と旅する男」は定番だけど、『新幹線大爆破』を取り上げる辺りが憎い)。探偵小説に詳しいご当地アイドルを作って村おこしをしようと目論む「シン・山田村事件」もたまらない(ご丁寧に画のタッチをつげ義春風にしてるのがおかしい)。(つづく)2022/07/02

阿部義彦

18
東京創元社が漫画本を出すなんてビックリ。作者は推理小説マニアの喜国雅彦さんです。元は東京創元社発行の「ミステリーズ」に連載されていた「嗜好機械の事件簿」を中心に構成されてます。私も推理小説のオールドファンなのですぐに、フットレルの「思考機械の事件簿」からのもじりだなと分かりました。『13号独房の問題』は私も興奮して遥か昔に読みましたよ!さて、内容は本当にしょうもなくて楽しめました。特に全編これ、つげ義春のパロディの「シン・山田村事件」が圧巻でした。とにかく作者の推理小説に対する知識は半端ないです。最高。2022/10/12

ひびキング

6
若い頃に読んでたのは「傷だらけの天使たち」だったか。ミステリーに執心されてたのは知らなかったし、私自身古き良き時代の本格ミステリーは表面をなぞった程度なんだけど。この作品集はあの頃のちょいエッチでブラックなクスリと笑える喜国の漫画そのままだ。なんだか懐かしく感じながらもコロナ禍ネタまで取り揃えた最新版喜国雅彦を満喫。2022/08/13

Gen Kato

4
第一話『鉄の城』から大爆笑。台詞もギャグも情報量濃いです。『正義の少年』『六つ墓村』『コンプライアンス事件』『躁 第二章』、みなミステリ愛に満ちたツッコミぶりでたまりません。坂東善博士とりっちゃんも出てきます(嬉)2022/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19733632
  • ご注意事項