創学研究Ⅰ:信仰学とは何か

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

創学研究Ⅰ:信仰学とは何か

  • 著者名:創学研究所【編】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 第三文明社(2021/12発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 325pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784476034011

ファイル: /

内容説明

「創学」とは「創価信仰学」を意味する。あくまで信仰に軸足を置き、創価学会員の信心をストレートに思想化する試みを書籍化。てい談「理性と信仰をめぐって」(黒住真・佐藤優・松岡幹夫)、対談「仏教哲学と信仰」(末木文美士・松岡幹夫)、論考「キリスト教神学から見た『創価信仰学』」(佐藤優)ほか、インタビュー、書評なども収録。

目次

発刊の辞 松岡幹夫
各章の解説 三浦健一
第1章 「創学研究所開所式」から 松岡幹夫・桐ケ谷章・佐藤優
第2章 「創価信仰学の基礎」 松岡幹夫
第3章 「啓蒙主義と宗教」研究会 松岡幹夫・蔦木栄一・山岡政紀・佐藤優
第4章 「理性と信仰」をめぐる研究会(上) 佐藤優・黒住真・松岡幹夫
第5章 対談「仏教哲学と信仰」 末木文美士・松岡幹夫
第6章 インタビュー「世界宗教と創価信仰学」 市川 裕
第7章 書評『池田大作研究 世界宗教への道を追う』 山岡政紀
主な参考文献
略歴一覧

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

れいまん

2
創学とは、キリスト教の神学に当たる言葉です。 創価学会が世界宗教化する段階で宗教教学ではなく、むしろ、教学を宗教実践の上からも支えていくのが創学に当たるのだと理解しました 文献学をないがしろにするのではなく、宗教実践の結果の体験なども学問化していくとのこと ノンフィクションよりも、小説の手法により、宗教体験の真実を学問として大成していこうという壮大な学問になるようで、未来に向かって必要な事に着手したのだと思いました。 とても真面目な内容です。2022/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19046481

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。