オーバーラップノベルスf<br> ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する 4

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

オーバーラップノベルスf
ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する 4

  • ISBN:9784824000293

ファイル: /

内容説明

ループ7回目の人生で、皇太子アルノルトのもとへ嫁ぐことになったリーシェ。
教団を巡る騒動後、アルノルトへの感情に変化が生まれつつあるリーシェは、賓客を迎えるためにアルノルトと共にヴィンリースの街へ。
そこで出会ったのは、狩人人生のリーシェが仕えたシグウェル国の王女ハリエットだった。未来で大罪人と呼ばれるはずの彼女は気弱で、大罪を犯すようには見えない。そんな彼女のためにリーシェが護衛を務めることに!?
まるで王子のような振る舞いで、女性たちをドキドキさせるリーシェ。そこへ、謎の男が襲撃を仕掛けてきて――!?
同時に、滞在する城で幽霊騒動が発生。幽霊だけは苦手なリーシェのために、アルノルトが同室で寝てくれることに!!
これまでと違った表情を見せてくれるアルノルトとの距離も近づくかと思いきや……ここにきてまさかの『初めての夫婦喧嘩』大勃発!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

陸抗

24
今回は、リーシェが狩人人生を送っていた時の関係者。王女ハリエットの未来と本人とのギャップが大きすぎて、本人の話かと一瞬疑ったくらい。なら、侍女頭がハリエットを操っているのかと思ったけど、それも違うし。リーシェの人生で関わった人達がここで繋がり、アルノルトとの婚姻も必然だったのかな。アルノルトの目的が今だ不明のままで、リーシェへの執着が恋かも不明。戦争は回避出来ればいいけどその原因も分からないし、分からないことばかり。2021/12/10

すがはら

13
甘々なんだけど。完全に相思相愛で、口でも態度でも示してるのに、どうしてもリーシェはアルノルドを信じきれないのね。過去の人生で皇帝になった彼が戦争を仕掛ける未来があったとしても、戦争そのものが目的のはずはないのだから、戦争なしで目的を達するために協力するって発想にはならないものなのでしょうか。あと、リーシェの能力は公爵令嬢にしてはさすがに怪しすぎると思いますが。あと何の職能が加わるのでしょうか。2022/03/06

hisa_NAO

6
商人、薬師、錬金術師、侍女、狩人、騎士。15~20歳のループ7回目を生きる伯爵令嬢がヒロイン。前向き老獪、超鈍いヒロインと、過去と陰と謎のあるイケメンヒーローの恋愛譚が主軸。 本巻では5回目の人生で狩人として関与した人々との絡み。相変わらず、展開早くて面白いです。 少々、甘々・不器用要素が多くなってきて、若干胸焼け。2021/11/26

sakai_別館

2
ここまでラブラブなのに全然安心できないのもまたすごい。はやくアルノルドの心配が全て吹き飛んで欲しいよ…!2022/03/13

2
アルノルトのデレレベルが5になったそうですwww …てかまだ5なの。5… 今回は狩人人生の頃に仕えたシグウェル国がらみ。 ことごとく、リーシェのループ人生に関わってくるなぁ。次の巻が春か…2021/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18961491

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。