スターツ出版文庫<br> 鬼の生贄花嫁と甘い契りを

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

スターツ出版文庫
鬼の生贄花嫁と甘い契りを

  • 著者名:湊祥/わいあっと
  • 価格 ¥671(本体¥610)
  • スターツ出版(2021/10発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784813711698

ファイル: /

内容説明

赤い瞳を持って生まれ、幼いころから家族に虐げられ育った凛。あることがきっかけで不運にも凛は鬼が好む珍しい血を持つことが発覚する。そして生贄花嫁となり、鬼に血を吸われ命を終えると諦めていた凛だったが、颯爽と迎えに現れた鬼・伊吹はひと目で心奪われるほどに見目麗しく色気のある男性だった。「俺の大切な花嫁だ。丁重に扱え」伊吹はありのままの凛を溺愛し、血を吸う代わりに毎日甘い口づけをしてくれる。凛の凍てついた心は少しずつ溶け、伊吹の花嫁として居場所を見つけていき・・・。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミヤビ

16
どこにも居場所がなかった夜血の凛は、鬼・伊吹のもとへ生贄花嫁としてこの身を捧げるつもりだったが、待っていたのは溺愛される毎日だった。 ありがちなあやかし系の設定だったけれど、伊吹がヘタレな性格で新鮮たった。溺愛だけで終わらず、御朱印を集めて認めてもらうという新たな目標もできて、読んでいてワクワクした。家族に幸せな姿を見せつけて復讐する展開とかもあったら面白そう。他にはない多種多様なあやかしが出てきて面白かった。2022/04/06

5
楽しく読めた。少し物足りなさも感じるが。読み始めはシンデレラストーリーで虐げてきた家族をやり込める話かと思いきや、違う方向に進みましたね。今後、凛と伊吹に降りかかる困難に読み応えを期待したいと思います。2022/01/12

色素薄い系

4
ちょいちょい伊吹のセリフがセリフっぽくない言い回しなのが気になったけど年齢の割に精神が中高生じゃないですか(笑)椿が何考えてるのかとか分からないままだし鬼より格上の龍も気になるし次から出てくるのかな?凛の家族はいくらなんでも虐げすぎだろ何時代だよと思ったけど人間界の発展具合もあんまり書かれてなかったから現代とはズレていたりするんだろうか…というか凛学校通ってたんだよね?味方(友達)一人もいないとか人間界かなりヤバイのでは?2022/03/29

万論

2
薄幸な少女が生贄として鬼に嫁入りーあるある系の話。試練が続きそうだけどって言う所で一冊が終了。先が無い状態でこの後続きが出るか心配。まだまだ序章。2022/07/01

トラママ

1
サラッと読了。まだ続きそう。2021/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18636292

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす