講談社青い鳥文庫<br> 大草原の小さな家シリーズ 大きな森の小さな家 (新装版)

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

講談社青い鳥文庫
大草原の小さな家シリーズ 大きな森の小さな家 (新装版)

  • ISBN:9784062853026

ファイル: /

内容説明

過去にNHKでテレビシリーズ化されて、日本でも認知度を広めた人気名作。今から100年以上も前、南北戦争が終わりを告げたアメリカで、新しい生活への期待に充ち満ちていた人々が未開の大地を目指して移住していく中、インガルス一家も新しい天地を求めて、ウィスコンシン州へとやってきます。もともと開拓者だった父さんと母さん、姉メアリー、妹キャリーと大きな森の小さな家で暮らす日々がこうして始まりますが、おおかみや熊が姿を現し、冬には雪に閉ざされる大自然の生活は時として非常に厳しい。けれども、家族のあたたかさに包まれているローラは不自由を感じることなく、四季を通してさまざまな表情を見せる大自然と触れあっていくのです。少女の成長と家族の絆が描きつくされる感動の名作シリーズです。

目次

1大きな森の小さな家
2冬の昼と冬の夜
3長いライフル銃
4クリスマス
5日曜日
6大ぐま二ひき
7砂糖雪
8おじいちゃんの家のダンス
9町へ
10夏
11とりいれ
12すばらしい機械
13森の中のしか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるき

34
 シリーズ幻の第一作。次巻があまりにも有名なので知らない人が多いですが、これもすごく素敵な物語です。小さなローラとメアリーが自然の中で走り回る描写にワクワクしました。2018/10/14

ねむ

5
あえて、実家にある福音館とは違うバージョンで再読してみた。とはいえ、中身は一緒なので文章のイメージが変わることはなかったです。ただやっぱり挿絵はなあ…見慣れたやつがいちばんイメージに合うのはもう刷り込みだから仕方ないのでしょう。角川つばさ文庫よりはこっちのほうがクラシックな絵で好みです。2020/09/16

押さない

3
大自然の中、工夫と共に生きる。西武開拓時代アメリカの、素朴な家族の日常の様子が息が感じられるほど伝わってくる。生活を描く上で一番大切なのは血の通った臨場感だ。2019/02/08

レモンケーキ

1
大好きな本です。 子供の頃、夕方に放送されていた大草原の小さな家、いつも楽しみに観ていました。 理想の生活と理想の家族。 チャールズ父さんがとても頼もしくて物知りで明るくて、素敵ですね。 大きな森の一軒家に住んで、周りに狼や熊が居ようと、父さんがいるからちっとも怖くないなんて、そんな大きな安心感いいですね! とても楽しんで読みました。 続きも楽しみます^_^2018/10/13

けむりの猿c((•ω•))ɔ

0
以前から読みたかったシリーズだが、図書館に揃っている事がなく、どれがはじまりの物語か分からず倦(あぐ)ねていた。鹿や熊の狩猟、燻製やチーズの作り方、メープルシロップの採りかた等、細かくわかり易い描写で物語に引き込まれた。 マリー・ハムズンの『小さい牛追い』と似た印象を覚えたが、『小さい牛追い』ほど登場人物の心理描写は無く、開拓民の1年の生活を追うことに終始して、子供たちの可愛さや無邪気さがあまり伝わってこなかった。巻末に発表順に作品名が記されていたのでありがたい。探して全部読むぞ♪(*´∀`*)2021/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5192413

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。