新本格魔法少女りすか(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥799
  • Kinoppy
  • Reader

新本格魔法少女りすか(1)

  • ISBN:9784065231548

ファイル: /

内容説明

西尾維新(『化物語』)×『絵本奈央』(『荒ぶる季節の乙女どもよ。』)!
鮮血の如く色褪せぬ魔法冒険譚をコミカライズ!
己の野心のため“使える手駒”を探す小学5年生・供犠創貴は、
赤い髪に赤い瞳の転校生・水倉りすかが
赤き時の魔女”の異名を持つ魔法使いだと知る。
二人は手を取り合って時を超え、
危機また危機の大冒険を繰り広げる――!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トラシショウ。

22
「水倉りすか・君は──幸運だ。」(僕は、ありったけの誠意を込めてりすかに語りかけた)「僕の手駒になれると言う・光栄にして幸運な・・・好機が与えられたのだから」。原作未読。高い壁に覆われた長崎県に魔法使いが住む日本。秘めたる野心に突き動かされる少年・供犠創貴はある日、長崎からの転校生である魔法使い・りすかと出逢う。どこか浮世離れした彼女に魔法に纏わる不可解な事件を提供しながら、自身もその謎に挑んでいく二人の小学生の冒険を描くコミカライズ。めちゃめちゃ西尾維新っぽい設定と台詞回しだなぁ(以下コメ欄に余談)。2021/08/26

わたー

15
★★★★★実は原作を読んでいなかったのだが、西尾維新節を随所に盛り込んだ上手いコミカライズだと感じた。赤き時の魔女りすかと、魔法使いを配下に加えようと画策する小学生キズタカを中心に、魔法で悪さを働く人物たちを裁いていく物語。1巻で1エピソード分を最後まで描いていたので原作未読組にとっても嬉しい。そろそろ原作にも手を出す時期かな…2021/08/19

にぃと

8
原作読了済。 本編は割りと丁寧に読みやすくコミカライズしてくれてる。なんとなくだけど緩急の付け方とか落差とかが感じられて創貴とりすかの歪さ?みたいなのがある気がする。さらにオマケマンガが面白くしかも巻末には他のコミカライズ作家さんによるりすかが描かれてるので嬉しい。 りすかはかわいらしくて大人りすかが綺麗で良コミカライズ。次巻も楽しみだ。2021/10/16

杞憂

4
大人りすか、西村キヌ絵のグラマラス美女のイメージがずっとあったので漫画版超可愛くてびっくりしました 未来は不確定であるが故出る度ビジュアル・キャラが若干ブレる的な設定があったはずなので(原作を読んだのが随分前なので自信がありませんが、あるよね?)それっぽくて良いなと思います 尖ってるキズタカがふとした拍子に出すやれやれ顔が好きだ〜2021/08/20

leo18

3
西尾作品ながら未読だったので楽しみにしていた。キャラが立っていて面白い。これは期待できそう。2021/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18158427

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす