宝島社文庫<br> リケジョ探偵の謎解きラボ

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy

宝島社文庫
リケジョ探偵の謎解きラボ

  • 著者名:喜多喜久【著】
  • 価格 ¥633(本体¥576)
  • 宝島社(2021/07発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784800272089

ファイル: /

内容説明

ドラマ化もされた話題の短編に加え、『このミステリーがすごい! 』大賞作家書き下ろしBOOKに掲載された三編を一冊にまとめた連作短編集!

保険調査員の仕事は、死亡事故の発生に際し、保険会社から支払われる保険金に関して被保険者側に問題がないか調査・報告すること。
保険調査会社《懇誠リサーチ》の江崎に回ってくるのは、大学教授の密室での突然死や、田舎町の海岸でのサラリーマンの溺死など、不審死ばかり。
その「死」は果たして、自然死か他殺か――。
そんなとき、江崎は意中の人でiPS細胞の研究者・友永久理子に相談を持ちかける。研究最優先、男は後回し――
熱血女性科学者・理系女子のリケジョ探偵が、「死」にまつわる謎を解く! 『このミステリーがすごい! 』大賞シリーズ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mint☆

116
保険調査員の江崎くんと国立T大理学部の助教をしているリケジョの久理子さん。江崎くんが調査し久理子さんがアドバイス。二人は自殺や事故だと思われていた案件を化学の力で覆していく。ほぼ久理子さんの力だけどね。これから江崎くんは一人でやっていけるのか心配になった。二人の独特な関係が好きなので続きも読んでみたい。読みやすくて面白かった。2020/10/22

ダイ@2019.11.2~一時休止

100
連作短編集。保険調査員の主人公の調査にリケジョの化学知識で謎を解く。喜多さんの作品では珍しく?リケジョの恋模様もうまくいった?。2017/09/23

papako

66
アンソロジーで読んだ作品のシリーズ。あれ?アンソロジーのが1作目だったんですね。出会いとか馴れ初めとかあるかと思ったら、その後でした。もう1作何かを読んだ気がしたんだけど、気のせいか。リケジョのクリコさんと保険調査会社の江崎くんの恋と謎解き。単純な事故や自殺と思われた死を調査。科学と調査で真実を見つけてしまう2人。結構楽しめました。アメリカに行っちゃうクリコさん。なんかその間の作品読んだ気がするんだけどなぁ。。。ま、いいや。続編もそのうちに。2019/06/16

もも

62
久々の喜多さん。保険調査員の江崎と、研究者・久理子のコンビの物語。連作短編集。1話目がアンソロジーで既読だったので、物語に入りやすかった。江崎は依頼された保険会社から被保険者の調査を請け負うのが仕事。しかし彼が担当する案件は判断が難しい微妙なものばかり。その死は何故なのか?推理するのは久理子ですが、些細な事まで手掛かりを追う江崎。良いコンビだと思います。保険金が絡む為か、シビアな事が色々と。『家族の形』は何とも言えない気持ちに。これで終わりかな。もう少しこのコンビの話読みたいかも。読みやすい本でした。2017/07/06

ponpon

51
保険調査員江崎を一人称とした短編集。恋人未満のリケジョ久里子の力を借りて、事故の真相解明に当たりますが、久里子さんの知見にかかると割りと簡単に解決されていくので、読みやすい一冊です。その反面、久里子さんの存在感が薄いような感じを受けます。長編ならばとも思いますが、それは無いかな・・2017/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11776597

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす