宝島社文庫<br> 科警研のホームズ

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy

宝島社文庫
科警研のホームズ

  • 著者名:喜多喜久【著】
  • 価格 ¥633(本体¥576)
  • 宝島社(2021/06発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784800289995

ファイル: /

内容説明

大人気「化学探偵Mr.キュリー」シリーズの著者が描く、初の科学捜査ミステリー!

科学警察研究所・本郷分室にやってきた三人の研修生たちは、科警研の仕事に興味を示さない室長・土屋の態度に困惑する。
かつての彼は科警研の研究室長を務め、鋭い洞察力と推理の切れ味で、警察関係者から「科警研のホームズ」と称されていたらしいが……。
自分たちの成長のため、三人だけで事件の調査に邁進する研修生たち。
しかし、彼らが行き詰まったとき、土屋のホームズばりの頭脳が目まぐるしく動きだす!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mint☆

109
科警研の分室に配属された専門分野の異なる研修生の伊達、北上、愛美。分室の室長の土屋は鋭い推理力で、かつて「科警研のホームズ」と呼ばれていたが、今は大学准教授との兼任。科警研の仕事をやる気のない土屋は、時々三人にアドバイスをする程度だが的確。序盤は誰が主人公かわかりにくく、輪郭がボンヤリしている気が。科警研のホームズは時々しか登場しないので、こちらは三人の研修生の成長物語といった感じ。シリーズもののようなので次巻に期待したい。2020/01/26

ダイ@2019.11.2~一時休止

93
連作短編集。某ドラマ(科〇研の女)に近い感じで楽しめました。ただ本作中ではホームズ役はやる気なしでしたが次作があれば少しは改善される?2018/11/28

★Masako★今月もゆるゆる読書📖

84
★★★+ 科学警察研究所(科警研)・分室に研修生として配属された伊達、安岡、北上。室長の土屋は、鋭い洞察力と推理力の切れ味から「科警研のホームズ」と言われていたが、今は科警研を辞め大学の准教授。だからたまにしか顔を出さない。研修生3人は持ち込まれた難事件をそれぞれの得意分野からアプローチ。煮詰まった頃に土屋がひょろっと現れて的確なアドバイスをし事件を解決する、という形の連作短編集。事件も解決方法も興味深いが、研修生3人が事件を解決する度に成長しチームとしてまとまっていくところがメインかな。土屋にも変化が→2020/01/19

yanae

68
科捜研ではなくて、科警研!読みはじめは完全に沢口靖子の科捜研の女のイメージでいました(笑)科警研分室に集められた三人の若者たち。室長は昔、科警研のホームズと言われた天才、だけど今は大学での研究に没頭して、分室には興味なし。でも部下三人が事件のことを少し話せば、すぐに事件解決の糸口を見つける。事件はみごと解決!でスカッとする。部下三人も成長していくのが頼もしい。まだまだ続きを読みたいです♡2019/06/27

よっち

55
それぞれ思うところがあって科学警察研究所・本郷分室にやってきた、北上・伊達・岡安の三人の研修生たち。科警研の仕事に興味を示さない室長・土屋に困惑しつつ、事件解決に挑む警察ミステリ。容疑者が黙秘を続ける理由、司法解剖でも特定できなかった死因、監視カメラに映った双生児、連続辻切り事件の犯人。三人の研修生がそれぞれ持ち味を生かして試行錯誤しながらアプローチしていくあたりには成長が感じられましたけど、それでもここぞという時に冴える土屋の視点は流石でしたね。研修期間が延長された彼らのその後の捜査も読んでみたいです。2018/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13211038

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす