無能の鷹(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥550
  • Kinoppy
  • Reader

無能の鷹(3)

  • 著者名:はんざき朝未【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 講談社(2021/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065215425

ファイル: /

内容説明

全身に「デキる人オーラ」をまとった鷹野ツメ子。そして、気弱な内面が外までにじんでしまっている鶸田くん。そんなふたりがコンサル会社で出会ってタッグを組んだ。今日も新たな現場へ向かう!なぜか力が湧いてくるお仕事漫画の決定版(になるはず)!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

aisu

3
ギャグですよね⁇ただのギャグ漫画ですよね??なんかジワる…。2021/08/18

3
3.5 新刊読了。確かに鷹野は実務能力は皆無なのかもしれないが、無能と言うにはあまりにも存在感がありすぎて、鷹野というパーソナリティをはかる物差しが見つけられないだけなんじゃないかと錯覚させられる。少なくとも、サバイバル能力という意味ではめちゃくちゃ有能なんじゃなかろうか。だって、自分が鷹野と同じ実務能力だったとして、同じように人生を謳歌する自信がないもの…。逆に言えば、そのサバイバル能力さえあれば他に何もいらない、つまりそこに最適化された姿こそが鷹野なのかもしれない…。2021/06/04

Remi

2
鷹野のような「仕事が出来ないという自覚がない、ノンストレス、スーパーポジティブ」な人が自分のそばに存在したらどう思うだろうか?一生懸命仕事に打ち込む自分がバカらしいと考えるだろうか。仕事が出来ない鷹野を見てイライラするだろうか。それとも鷹野をリスペクトするだろうか。そんなことをボンヤリ考えながら3巻も読了した。たまにはマンガもいいな。2021/07/22

森田

1
安定2021/05/31

サマンサ田端

1
なんだろう、鷹野氏には励まされるものがある。「仕事なんて気晴らしですよ」「一息つきたきゃアイスを食べなよ」とか。2021/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17783322

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす