MF文庫J<br> 義妹生活2【電子特典付き】

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

MF文庫J
義妹生活2【電子特典付き】

  • ISBN:9784046803269

ファイル: /

内容説明

高校生の浅村悠太は親の再婚を機に、学年で一番の美少女・綾瀬沙季と一つ屋根の下で兄妹として暮らすことになった。
同年代の異性との生活に慣れないながらも、どこか似たもの同士だった二人の距離感はお互いに程良く保たれていた。
だが、定期テストをきっかけに沙季の様子に異変が生じる。
苦手教科に悩む沙季を心配し、その支えになろうと考えた悠太は、彼女の勉強環境を整えたり、集中できる音楽を探したり、さまざまな工夫を凝らしていく。
しかしそれと時を同じくして、悠太はバイト先の先輩である美人女子大生・読売栞からデートに誘われる。
その事実を耳にしたとき、沙季の心に浮かび上がった“ある感情”とは……?
【電子限定!書き下ろし特典つき】

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

皐月

116
同年代の異性との生活に慣れないながらも、どこか似たもの同士だった二人の距離感はお互いに程良く保たれていたのに、定期テストをきっかけに沙季の様子に異変が生じる。苦手教科に悩む沙季を心配し、その支えになろうと考えた悠太は、彼女の勉強環境を整えたり、集中できる音楽を探したり、さまざまな工夫を凝らしていく。一日一日がスローペースで丁寧に描かれ、ちゃんと段階を経て徐々に二人の距離が縮まる様子は微笑ましい。悠太がバイトの栞先輩と映画を観に行ったことで、二人の関係にモヤモヤして栞の存在が沙希の心を惑わせる。2021/05/05

芳樹

67
淡々と静かに物語が進んでいく感じがとても好き。苦手科目を克服しようと頑張る沙季の力になりたいと、一生懸命誠実に支える悠太に好感が持てますね。そんな相手に踏み込みすぎず、フラットでいることを心がけている悠太に対して、いつもクールに応対しているように見えて実は心中波風が立ってしまっている沙季が対照的に映る今回。読売先輩も含め彼らの関係がどう変わっていくのか。続きが大いに気になります。2021/04/05

ヒロロシ33

50
妹の綾瀬沙季苦手教科のために兄浅村悠太がバイト先の先輩から集中できる音楽の話を聞く。色々と世話になってる義妹のために力を尽くす、ギブアンドテイク。 先輩とレイトショー行ったりと、デートらしいことをしているのを知った沙季は心の中で嫌な思いを沸々と感じてくる。少しずつ変化していく心境。 次回も楽しみ 電子版で読みました2021/04/24

よっち

46
定期テストをきっかけに思わぬ一面を見せた沙季。頑張る彼女の支えになろうと考えた悠太は、さまざまな工夫を凝らしていく第二弾。どこか似たもの同士で、お互いに程良く保たれていた二人の距離感。悠太視点で描かれる日記では、彼女のために勉強の環境を整えたり、集中できる音楽を探したり、いい関係を積み重ねてるなあと思いながら読んでましたけど、だからこそ一見些細なことに思えても、そこから意外な形で波紋が広がってゆく展開がなかなか面白かったです。しかしそれにしても巻末についている沙季の日記が相変わらず破壊力抜群ですね(苦笑)2021/03/24

わゆ

45
突然できた義妹との生活ストーリー、第2弾。前巻以上に、メイン2人以外のヒロイン達が際立つ形となり、特に主人公のアルバイト先の先輩ヒロインについては、2人の関係性にも変化を大きく与えそうなくらいにまで存在感が大きくなった。確実にメインヒロインの感情を揺り動かすまでにだ。故に1巻以上にストーリーに面白みと深みがでていて、先が気になって仕方ない。また、前巻同様に日記形式で主人公視点メイン、そして最後にエピローグが来るのだが、その破壊力たるや。一気に「答え合わせ」ができるカタルシスは、ぜひ皆に味わって欲しい。2021/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17591954

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。