感染症を正しく学べる! はたらく細胞 ウイルス&細菌図鑑

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

感染症を正しく学べる! はたらく細胞 ウイルス&細菌図鑑

  • ISBN:9784065218488

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ベストセラー『からだのしくみが学べる はたらく細胞 人体のふしぎ図鑑』の続編! ウィルスや細菌が1冊でわかる!
2020年に「全国学校図書館協議会選定図書」に選ばれたほか、今夏は日販主催の「学校がすすめる夏休み子どもの本2020」に選ばれた『からだのしくみを学べる はたらく細胞 人体のふしぎ図鑑』の続編となる、ウイルス&細菌図鑑です。
本書は、アニメのイラストを200枚以上使いながら「ウイルス」「細菌」を解説。
全編総ルビ入り。小学校中学年以上対象。

【目次】
はじめに
感染症のしくみ
保菌と感染の違い
免疫細胞~異物と戦う精鋭集団~

1章 感染症をもたらす侵入者たち
細菌・真菌・ウィルス・
飛沫・空気・接触・蚊
防ぐには?~手洗い・うがい・腸内~

1.ウィルスのからだのしくみ
カプシドとコアがある
核がない
新型コロナウイルス
ライノウイルス
インフルエンザ
ムンプウイルス
コロナウイルス
デングウイルス

2.細菌たちのからだのしくみ
細胞膜がある
DNAがある
肺炎球菌
黄色ブドウ球菌
化膿レンサ球菌
アクネ菌
ミュータンス菌
セレウス菌
腸炎ビブリオ
カンピロバクター
ピロリ菌
☆善玉菌・悪玉菌・日和見菌
乳酸菌
腸内フローラ

3.そのほかの異物たち
アニサキス
スギ花粉
がん細胞

2章チーム免疫の戦い方
人体の外と中とは
1.粘膜上の攻防戦

2.自然免疫による防衛戦

3.獲得免疫がついに発動
免疫チームの子どものころ

アレルギーと突然変異

さくいん

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どあら

33
図書館で借りて読了。もうコロナのことまで載ってた。はたらく細胞のアニメのお陰で楽しく読めました😊2021/05/27

零水亭

23
マクロファージ関連の実験・仕事をしていたため、懐かしく感じました。最近、アニメ放送も見ました。(子供の教育のためと称して)漫画単行本も買おうかな…2021/11/24

ふじ

22
自分の時代は高校の生物でもやらなかった込み入った免疫系の働きを、こんなにわかりやすくキャラクター化したのは本当に素晴らしいことだと思います。この図鑑版は前作同様、コミックを読んだ後に読むと、整理された情報のおかげで復習にもってこい。テストの点が上がるだけじゃなく、日常生活の健康に繋がるんだからみんなどんどん読んで!と思うシリーズです。2021/06/16

canacona

19
子どもとアニメを観ているので借りてきたのだけど、わかりやすく勉強になりました。特に細菌ウイルスのキャラクターがどれも絶妙で、面白い。こう見てると、当たり前だけど飛沫接触で感染する菌が多いですね〜。コロナ禍になって、マスク手洗いの徹底で、インフルエンザも流行しなかったし、うちでは体調を崩すことがとんとなくなりました。すごい。子ども達は何故かがん細胞がお気に入り。アニメの話ですが、BLACKを観てると、細胞さんたちに謝りたくなります😂アルコールが〜脂肪が〜運動不足が〜って😅2021/03/11

西条べべる

3
人間の身体の細胞を擬人化したマンガから派生した図鑑。ウイルスと細菌が擬人化されて解説してあります。オールカラーで漢字にルビがついていて読みやすかったです。免疫細胞について理解が深まりました。2021/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17034139

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。