講談社文庫<br> 神楽坂つきみ茶屋 禁断の盃と絶品江戸レシピ

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
神楽坂つきみ茶屋 禁断の盃と絶品江戸レシピ

  • 著者名:斎藤千輪【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 講談社(2021/01発売)
  • あじさいの季節!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/13)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065222355

ファイル: /

内容説明

★★★★★講談社文庫、2021年最初の勝負作★★★★★


突然、事故死した両親に代わって、神楽坂の割烹「つきみ茶屋」を継ごうと決意する剣士。
幼馴染の翔太とワインバーへ改装しようと夢見るが、ある晩、翔太が代々伝わる“禁断の盃”で酒を飲んでしまう。
すると、豹変。

「おいおい、鮪の脂身なんざぁ、生で食ったら死ぬぜ!」

食べかけの大トロを窓から投げ捨て、見たこともない料理を作り出す。
これはまさか…江戸時代の料理!?

なんと、翔太に江戸時代の料理人・玄の魂が憑いてしまったらしい!
果たして翔太は元に戻れるのか?そして「つきみ茶屋」の行方は――。

面白さ、天下一品!笑って泣ける絶品グルメ小説第1弾!


※シリーズ第2巻は2021年5月発売予定

目次

プロローグ 宙を飛ぶ本マグロの大トロ
第1章 禁断の盃と豆腐百珍
第2章 秋の味覚 白葡萄・松茸・鴨
第3章 江戸の定番 あったか箱膳料理
第4章 ハレの日の菊料理と栗ご飯
第5章 腕試しの江戸料理 結び豆腐
エピローグ 幸福なる味噌汁の香り