Jノベルライト<br> RAIL WARS! 20 日本國有鉄道公安隊

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

Jノベルライト
RAIL WARS! 20 日本國有鉄道公安隊

  • 著者名:豊田巧/バーニア600
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 実業之日本社(2020/12発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784408556406

ファイル: /

内容説明

お前は常に自分の信じる道を進め!
衝撃と感動の最終巻!!
夢の鉄道パラダイス・エンタテインメント第20弾!

一生安泰國鉄人生を夢見る平凡な高校生の俺、高山直人。
鉄道公安隊第四警戒班で絶賛OJT研修中。
宿敵RJとの長い戦いに幕を下ろした矢先、
鉄道公安機動隊によるクーデターが起こった!! 
五能隊長のクーデターを阻止するため、
警四メンバーは特急しなので長野に向かう! 
シリーズ最後の舞台は東京國鉄本社。
高山は親方日の丸の國鉄生活を無事迎えることができるのか!?
國鉄が分割民営化されなかったもうひとつの日本を舞台に、
夢の鉄道パラダイス・エンタテインメント第20弾!!

<目次>
Z0001 國鉄に雪が降った日 出発進行
Z0002 届かぬ声 制限解除
Z0003 國鉄中央本線 閉塞注意
Z0004 沈黙の榛名研修所 場内警戒
Z0005 國鉄本社へ突入せよ! 速度超過
Z0006 國鉄本社へ 非常警戒
Z0007 レールの先へ 出発進行

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ponpon

38
分割民営化されなかった国鉄を舞台に鉄道公安にOJT配属された高校生らを主人公にした物語も、本巻で9年越しの完結。五能隊長率いる公安機動隊のクーデターとの対決を覚悟した警4。皆からの支援を受けて、要塞のような国鉄本社での銃撃戦·白兵戦は圧巻。警4メンバーの活躍が堪能できたかな。ハチャメチャな出来事ばかりが続きエンディングに持っていけるのか懸念してたが、当初のレーベル休止という危機を乗り越え、ここまで来たのは感慨。また外伝の刊行は続くようで嬉しい。線路は続くよ、どこまでも。2020/12/21

かんけー

22
読了♪新大阪鉄道公安室で高山は五能隊長のクーデターを垣間見てしまう!隊長はディスプレイ越しに「このやり方が間違っていると、思う者がいたら...國鉄本社へ止めに来い...私をな...」高山は納得が行かず、隊長の説得を。ここから、高山率いる警四班は、五能隊長のいる東京へ移動するも、既にマークされて?高山の、桜井の、小海さんの、岩泉の決心と覚悟が最終回らしく、緊張感を持って読む者に迫って。榛名研修所でヒヤリと(^_^;)成田所長人が悪いw東京の國鉄本社への移動の車輌もEF62牽引の國鉄マニ50形荷物列車の→2021/01/07

ほたる

10
ついに完結!警四メンバーの成長に涙腺が緩む。五能隊長はやっぱり圧倒的なカリスマだなぁ。最終章はみんながみんな芯が通ってる考えを持っていて、頭が上がらない思いだった。表紙の二人が良いよなぁ…高山の國鉄安泰人生が末永く続くことを願って!2020/12/19

参謀

5
「RAIL WARS!」完結。前巻で國鉄内で発生したクーデター。その首謀者はなんとあの五能隊長だった。高山を含めた警四のメンバーは本社奪還、いや五能隊長を止める為に行動を移す。最終巻ということもあってか、緊張感とテンションはかなり高めでした。まさにクライマックスといった巻だったと思います。高山がいつもよりも熱く、いつにも増して活躍でしたね~。そしてその後も書かれてあり、いい締め括りだったと思います。本作はバーニア600氏のイラスト抜きにも語れず、毎巻ラノベ屈指の美しいイラストでした。9年間お疲れ様でした。2021/05/22

中山バスター

5
國鉄が分割民営化されなかった「IF」を描く鉄道エンタテインメント最終巻。 鉄道公安機動隊によるクーデターが起こった。五能隊長のクーデターを阻止するため警四は特急しなので長野に向かう◆自分の正ヒロインは札沼です!ということは置いておいて、新シリーズが発表されたのも置いておいて、完結お疲れさまでした。最終巻のハチャメチャ具合の物足りなさはあるけど、らしく終わったのでよかったんじゃないですかね。ありがとうございました。2021/02/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16920141

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。