もう一つ上の日本史 『日本国紀』読書ノート・古代~近世篇

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy

もう一つ上の日本史 『日本国紀』読書ノート・古代~近世篇

  • 著者名:浮世博史【著】
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • 幻戯書房(2020/11発売)
  • ポイント 24pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784864881913

ファイル: /

内容説明

日々、進化する日本の歴史教科書。その一方で、「物語のない教科書はつまらない」「戦後史観は信用できない」という「普通の日本人」も増えつつある。そこへ「あのベストセラー」が登場した――現在の書籍やウェブ上に蔓延する日本史俗説を、人気教師が豊富な資料で易しく徹底解説。「社会科学としての歴史学」とはなにか。教科書の記述はなぜ変わるのか。もう騙されないために知っておきたい、歴史リテラシー入門102講。ウェブ上で大反響を呼んだ「こはにわ歴史堂のブログ」連載(80万字)を、大幅加筆改稿のうえ書籍化(全二冊)の古代~近世篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

南北

41
百田氏の『日本国紀』の誤りに関する指摘や補足を丁寧に行っている本。時代は古代から幕末まで。『日本国紀』の元ネタは数十年前の教科書・Wikipediaなどのネット情報・その他俗説といったところが多いようだ。指摘された点は納得できる説明が多かったが、疑問に思うところもいくつかあった。最近の教科書でどう教えているのかを知ることができた点は良かったが、百田氏のエキセントリックな文体とのバランスを取ろうとして、違う方向に偏ってしまったように見えたのは少し気になった。2020/12/20

サケ太

21
俺は歴史がわからない。歴史の教科書に書かれている事項についてあまりにも丁寧に書かれており、日本史の様々な誤解について認識、再確認が出来る。日本国紀の内容に関する訂正、とった内容だが、細かい部分やかなり重要な部分の訂正(全てを否定するようなものではない)は日本国紀を読んでなくとも非常に勉強になる。わかりやすく切り捨てていた部分。偏見から、時の政権が怠慢だったと考えていた部分はあった。だが、決してそうではなかった。研究は進み、教科書の内容は年ごとに精度を増している。下巻は明治以降。苦手とする時代なので楽しみ。2020/12/18

きおくあたま

9
読み物(評論・随筆)である百田氏の「日本国紀」を歴史書と勘違いしないように、史実に照らし誤記や誤解、昔の古い考え方などを誹謗中傷にならないように配慮しながら指摘している。まだ上巻だが、学生時代習ったことが結構改められていて、自分としてもたいへん勉強になる。タイトルどおり、レベルが一つ上の「日本史」を学んでいる気分だ。2020/08/30

なーちゃま

7
再読。何回読んでも面白い。浮世博史先生、YouTubeで見かけたけれど優しいおじさん先生といった感じで非常に好感が持てた。読めば読むほど、ああこの人歴史を愛しているんだな、と感じる。何度でも読みたい。2021/01/27

なーちゃま

6
『日本国記』を読みながら、「これって本当に正しいのか…?」と思い歴史家の見解を探していた時に「こはにわ歴史堂のブログ」を見つけた。その文章が加筆されて本になったのが本書。読み直したが、本当に素晴らしい。これを読めば、歴史がれっきとした科学であることが理解できる。人は最初に聞いた歴史の説明や、複雑さを捨象した“わかりやすい”説明をを自分の型としてしまうことが多く、1度身についた誤った知識と歴史観はなかなか修正しづらい。私も本書のような科学的に書かれた歴史の本で、絶えず知識をアップデートしていかねばならない。2021/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15247162

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす