竹書房文庫<br> エレクトス・ウイルス 下

個数:1
紙書籍版価格 ¥935
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

竹書房文庫
エレクトス・ウイルス 下

  • 著者名:グザヴィエ・ミュレール【著】/伊藤直子【訳】
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 竹書房(2020/07発売)
  • 2020読書週間 Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/3)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

内容紹介
原始人類再起動

覚醒した“太古の遺伝子”がヒトの時代を終わらせる

<クルーガー・ウイルス>と名付けられた退化病菌は、ネズミを媒介してヒトからヒトへと感染し、世界の隅々まで浸食した。
感染者はすでに十五万人に達し、このままでは五百万人に膨れ上がる可能性もあるという。
その渦中にアンナの恋人である海洋生物学者ヤン・ルベルも感染し、エレクトスへと退化。病院に収容されてしまう。
アンナはあらゆる手段を講じて厳重な監視下に置かれたヤンのもとにたどりつき、ヒトとしての記憶を呼び覚まそうと懸命に語りかけた。
だが、彼がかすかに回復の兆しを見せたところでステファンに呼び出され、国連安全保障理事会に向かうことになる。
ヒトとしての知性と理性を失った人々にどう対応すべきか?
理事会では議論が紛糾していた。
アンナはその席上で、エレクトスを同じ人間として擁護すべきだと訴えたが、理事会は彼らを危険性の高い生物と判断。
人間社会からの隔絶を決議する。
フランスではパリの動物園が一時的な収容所となり、ヤンもそこに隔離された。
だが、ヤンたちが暴動を起こして逃走し、市街地では多くの市民が犠牲となった。
人々の不安と恐怖はピークに達し、民衆を “エレクトス狩り”へと駆り立てる。
エレクトスと現生人類の“生存競争”は繰り返される運命なのか――?

自由を求めて牙を剥いたエレクトスの逆襲が始まる!!

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす