集英社みらい文庫<br> オペラ座の怪人 地下にひびく、恐怖のメロディー

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

集英社みらい文庫
オペラ座の怪人 地下にひびく、恐怖のメロディー

  • ISBN:9784083210655

ファイル: /

内容説明

たくさんの観客でにぎわう、パリのオペラ座。しかし華々しい舞台の裏では、出演者たちが恐怖におびえていた。――「いまのは、ぜったいゆうれいよ」――オペラ座に住みついている怪人がたびたび目撃され、奇怪な事件が起こっていたのだ。そして新人歌手・クリスチーヌにも怪人の恐怖の影が忍び寄る……。世界中が愛し続ける怪奇小説の大傑作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あーさん★スマホ新しくしたけど操作に苦戦中(¯―¯٥)

77
あの曲を思い出しながら。挿し絵が最高です!( ̄ー ̄ゞ-☆2018/12/29

コロナウィルスに怯える雨巫女。

15
《私‐図書館》以前読んだ本より、パワーアップされている。恋愛模様がより、リアルに。しかし、怪人さんが、あまりに可哀想で。2012/07/04

しろのあ

9
文字が大きくて読みやすいので小学中学年くらい。内容はとてもざっくりしていますが、恋もホラーも冒険もあるのでそれなりに楽しめるのではないかと。意外と児童文庫でオペラ座って少ない。もっといろいろな挿絵が見たいので各社出してほしいな。2016/05/16

姫ママ=^・ω・^=

3
大まかなあらすじは知っててもちゃんと読んだ事がなかったので、取り敢えず絵も可愛らしいので、児童向けで読んでみました。 こんなストーリーだったんだっけ?登場人物の性格とか人間関係ってこんなだったっけ?とあいまいな記憶を修復しながら読了。。。構築し直せたので良かった♪ また本場のオペ座の怪人を観たくなっちゃった☆2019/11/02

千木良

3
地下にあるものは、すべてあの人のものだから ―― 原題「Le Fantôme de l'Opéra」。映画やミュージカルの原作として知られる、ガストン・ルルーの怪奇小説。児童向けに短く書きあらためられています。ムスメに就寝前の読み聞かせ。2018/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4342074

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。