1122(7)

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

1122(7)

  • 著者名:渡辺ペコ【著】
  • 価格 ¥671(本体¥610)
  • 講談社(2020/07発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065199114

ファイル: /

内容説明

「公認不倫」を選択した夫婦・いちことおとや。“恋人”の美月と別れたおとやは、いちことの絆を確かめるが、美月の言葉が呪いとなりセックスができない。そんな中、いちこの風俗体験を知り傷ついたおとやは家出をし、しばらく別居することに。ある日、体調の悪いいちこの看病にかけつけたおとやは、EDの不安など本心をいちこに打ち明ける。おとやの言葉を真剣に受け止め悩むいちこに、風俗体験で知り合った礼から「会いたい」と電話が来て……。一方、妊娠した美月と志朗は、夫婦関係を再構築するために努力していた。海外に転居する前におとやに会って謝りたいと願う美月は、おとやと再会して――。セックスレス、公認不倫、妻の風俗、夫のED、別居……悩んだり迷ったり間違ったりしながら、たどりついた夫婦の“今”がある。これから選び取る、幸せのかたちとは。「結婚」とは何かを問いかける意欲作、ついに完結! 息をつかせぬクライマックス!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

manamuse

24
まさかの完結!これこそ何も言えね〜。おとやんいい奴だけど不倫したしな〜。いちこちゃんは素直じゃないしな〜。結末には満足だけど、オススメする漫画ではないかな…笑。2020/07/21

みやしん

17
トラブルは有るより無いに越した事はないっちゅう事なのだ。大人達が最も波風を立てないよう、味気は無いけど、納まるべき所に納めた解答のハッピーエンド。2020/07/21

ぐうぐう

15
「ベースが夫婦にあるところ 不倫の始まりも終わりもそこだし」「わたしたち 同じところをぐるぐる回っているだけかもしれないけど でもお互い真剣だったよね あと諦めなかったよね」すれ違いにおいて言葉によるコミュニケーションは大事だし、言葉によって納得させられることもある。けれど、勘違いしてはいけないのは、その言葉が発せられる時、そこには体験から来る感情が込められているということだ。だからその言葉は説得力を持ち、人を動かす力を得る。(つづく)2020/07/24

かやは

12
あれ・・・なんか急速に話を畳み始めたような流れに思えちゃった。展開には納得できるけどちょっと描写が足りないというかさっさと完結してしまったような感じがした。2020/10/17

あこさん

12
怒涛の展開、そして完結。 夫婦っていろんな形がある。長い年月のなかでいろんな形に変化していくのだろう。終わりはハッピーエンドだったのでちょっと安心したけど。 美月さんとこの夫婦がいい感じになってきたのが何より安心した。2020/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16157128

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

この商品を含むセット一覧

該当件数1件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数7件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす