1122(6)

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

1122(6)

  • 著者名:渡辺ペコ【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2019/11発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065177570

ファイル: /

内容説明

「公認不倫」を選択した30代セックスレス夫婦のいちことおとや。
「恋人」美月との別れ話の最中に局部を刺されたおとやは、いちこにすべてを告白し夫婦の絆を確かめる。しかし、おとやは美月の言葉が呪いとなってセックスができない。そんな中、いちこの風俗体験がおとやにばれて二人は口論になり、傷ついたおとやは家出をする。そして赤ちゃんプレイの風俗店で、EDの恐怖や自信喪失、妻への怒り、嫉妬など誰にも言えなかった悩みを風俗嬢に語るが…。一方、美月は志朗との間に新しい命を授かり、不安を抱えていた。公認不倫の先にあるものは果たしてーー。夫婦はこの危機を乗り越えることができるのか。「結婚」とは何かを問いかける、各メディアで話題沸騰の意欲作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小鈴

18
剣山の次はバブみかよっ!と突っ込んだ私をお許しください。真面目で丁寧に描いているのだろうが、おとやんには笑わしてもらってる。わかりみ深い草食男子おとやんの受難マンガとして読んでる←違うw2020/03/02

manamuse

18
なんだろうなぁ〜。夫の言い分も妻の言い分も分かるんだ。でも違うだろ〜。ややこしいキャラも登場してきたし!ただ、ラストはいい方向に向かっていて、よし!このままハッピーエンドで最終巻を!って思ったら、次回予告で「物語はクライマックスへ…!」とある。怖いからもうハッピーエンドでいいのにー!笑2019/11/22

ぐうぐう

17
感情とは、それが荒ぶるほど、理屈では抑えられないものだ。理屈で整理がつくのは、なぜそうなったのかという展開の動機と流れであって、所詮感情の敵ではない。公認不倫は、いちことおとやの納得の元で始まったが、想定外の出来事により、二人は感情でがんじがらめになってしまう。でも、想定外の出来事で感情が高ぶるのなら、想定外の出来事で感情が納得の領域に収まることもあるのではないか。理屈なんかよりも、よっぽど効果的に思える。それは出来事だけではない。相手からの、思いもよらない言葉によって起こるかもしれないのだ。2019/11/24

のの

11
一度外れた道を軌道修正するのって大変じゃないですか。 それが「気持ち」だった場合はもっと大変じゃないですかっ!2019/11/28

ぴっころ

8
不倫相手に股間を剣山で刺されてedにされたり、妻が浮気男の子供を身ごもったりこれ男側のダメージが大きすぎると感じるのは自分が男だからですか?2020/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14779169

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数7件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす