悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる【電子書籍限定書き下ろしSS付き】

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,399
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる【電子書籍限定書き下ろしSS付き】

  • 著者名:稲井田そう【著】/八美☆わん【イラスト】
  • 価格 ¥1,199(本体¥1,090)
  • TOブックス(2020/07発売)
  • 夏休みもあと少し!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/21)
  • ポイント 250pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784866990132

ファイル: /

内容説明

【電子書籍限定書き下ろしSS】&【八美☆わん先生描き下ろしイラストとサイン】付き!
乙女ゲーム『きゅんきゅんらぶすくーる』に異常事態発生!?
ヤンデレフラグ立てまくりのサスペンス学園ラブコメディー?
コミカライズ企画も進行中!&巻末にコミカライズ試し読みを収録!


【あらすじ】

十歳の誕生日、前世を思い出した悪役令嬢ミスティアは、乙女ゲーム『きゅんきゅんらぶすくーる』の世界で――無意識に次々とキャラクターをヤンデレ化!?
破滅エンドを導く“ヒロイン”と恋敵にならないため、彼女は「王子様系同級生」との婚約解消に奔走開始! ……するはずが、超お人好しな性格のせいで逆に好感度アップ!? 「享楽主義の貴族」、「純情ヤクザ教師」などのトラウマも解消してしまい、彼らに歪んだ愛情を抱かれてしまう。さらにゲームで見た覚えのない専属侍女もいて――
すべてが異常だらけのなか、ヒロインと出会う貴族学園入学までにシナリオ改変できるのか?
勘違いの錯綜でドキドキがとまらないっ!
気付かない間に地獄絵図のサスペンス学園ラブコメディー?

【電子書籍限定特典SS】
エリク視点「全部知ってる君の事情」
ロベルト視点「君に伝えたい俺のこと」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りんりん

10
★★★ 面白かった。売り文句の『気付かない間に地獄絵図のサスペンス学園ラブコメディー』そのまま。次巻のヤンデレ重篤化に期待2020/09/16

starly

9
転生した先が乙女ゲームの世界で主人公は悪役令嬢キャラの子に。ゲーム内での破滅エンドを防ぐ為に攻略対象の男性キャラ達と距離をとろうとするが、お人好しな性格の為に逆に好感度アップ。主人公は無事に破滅エンド改変出来るのか……。 攻略対象の男性キャラ達が皆それぞれ主人公に対する想いが個性的。いわゆるヤンデレ。主人公目線以外に男性キャラ達目線での話しもあるが、重すぎて怖め。次巻から本格的な学園生活が始まるからまたキャラが追加されると思うのでそのやり取りとか楽しみ2021/09/15

じお

9
★★★☆☆ 貴族の令嬢・ミスティア・ローレンは十歳の誕生日に自分が元女子高生で乙女ゲーの世界に転生したことに気づき、破滅を回避すべく行動しようとするのだが、ヤバい人しかいないサスペンス学園ラブコメディー第1巻。相当な変化球作品で面白…い…?まぁ新鮮な感覚でこの時点では割と楽しめました。悪役令嬢もののテンプレと思われる無自覚人たらしまではともかく、惚れ込む人間が全員危険思考の持ち主で、萌えるどころか普通に怖い、特に先生はストーカーのソレで本当に怖い。→2020/12/25

621@リハビリ

7
乙女ゲームに転生した悪役令嬢モノのラブコメとしてはセオリーに忠実な物語という印象だけど、攻略対象が平たく広い意味でまとめると拗らせたヤンデレタイプの総集めって感じでどうやって仕上げるんだろって思わされるところはある。主人公のコミカルな描写はなかなかツボに入る良さがあるし、平凡で凡庸で臆病で社交性のないところを持ちつつ「悪役令嬢ミスティア」ならどうするか、と意識を切り替えられるところは良い味してる。2021/07/27

ちはや

5
【KU】再読。まじ怖い。ホラーかな?って感じの転生悪役令嬢ものですわ(笑)2022/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15849316

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。