カドカワBOOKS<br> 聖女じゃなかったので、王宮でのんびりご飯を作ることにしました 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

カドカワBOOKS
聖女じゃなかったので、王宮でのんびりご飯を作ることにしました 2

  • ISBN:9784040734460

ファイル: /

内容説明

メシマズ異世界へ聖女召喚された莉奈。王宮の厨房を借りて好きな料理を作っていたら、それが美味しいと話題に! 評判はもはや王宮にとどまらず、別の領地から料理人たちが勉強に来るほどに注目を集めていく。
 そんな中、ついに念願の天然酵母が完成! 莉奈は自分のためにふわふわパンを焼き上げる。しかし、そのパンの試食をめぐって、王宮内で仁義なき争奪戦が始まってしまい――?
 莉奈のやりたい放題な異世界ライフ、待望の第2弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

TAMA

12
お話も登場人物もノリよく、ずけずけ言うノット聖女も面白い。チーズトーストクレープ唐揚げシャーベットま、定番。承認欲求満ち足りて。けど、気付けばここって砂糖高いんだよね、料理人たちが取り合いで勝手にパカパカ使っていいの?研究費で落とすの?仲がいいのと横領は違う。チーズがお酒があってパンが発酵しない変な国に、読み終わって冷める。小説だもんねって2020/09/20

pincle

5
いつも思うのだが何故主人公は毎回少量しか作らないのだろうか。家族分しか作ったことがないから?だったら一言料理人にいえば良いのに。2021/12/02

みょろん

2
メイドとヒロイン(一応王宮の客だよね)の距離感に違和感がある。ちょいちょいヒロインも毒を出してるね。2020/02/13

とりあえず

1
題名通り、王宮で陛下、宰相、第三王子の三兄弟にスイーツ、パン、シャーベットを食べさせるお話。ただ、料理を作って食べさせるだけのお話。三巻目読むのはう~んどうしよう。2020/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15101199

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。