ガガガ文庫<br> ハル遠カラジ 3

個数:1
紙書籍版価格 ¥733
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
ハル遠カラジ 3

  • ISBN:9784094518054

ファイル: /

内容説明

わがままばかり言って、ごめんな。テスタ。

旧友モディンとの再会、離別を経て、再び医工師を求める旅へと戻ったテスタたち。
だが、成都を発って以降、なぜだかハルは、ひとり物思いに耽ることが多くなっていた。

テスタがハルの様子を気に掛ける中、一行は家屋の下敷きとなっていた一人の女性型アンドロイドを救う。
ローゼと名乗るそのAIは、遥かアフリカより想いを寄せる人間に会うため、ひとり中国までやってきたのだという。
片思いながらも、恋愛体験を持つローゼに大人の女性を感じ、色めき立つイリナ。
一方で、ハルのときおり来る憂鬱は、なかなか直る気配が見られなかった。
挙句、イリナはそれが恋の病なのではないかと言い出し、事態はあらぬ方向へと進んでいくことに―――。

ローゼの想い人に隠された秘密。
アニラの恩返しと、はじめてのおつかい作戦。
突如として現れた、頬傷のある白髪の少女。
そして果たされる、医工師ウシャルとの出会い。

軍用機械と野生児だった彼女たちが歩んできた道、その先で待ち受けていた『逃れられない必然』に、
やがて二人は、己の信じていた答えをも見失っていく。

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

33
旧友モディンとの再会、離別を経て、再び医工師を求める旅へと戻ったテスタたち。ハルはひとり物思いに耽ることが多くなる中、道中でローゼという女性型アンドロイドを救う第三弾。ハルが思い悩む原因を気に掛けるテスタ、また周囲もいろいろ試行錯誤する姿は微笑ましいというか苦笑いでしたけど、ようやくウシャルさんに出会えたものの、男性型アンドロイド・アンドロイドとの邂逅によって事態は急展開を迎えましたね…人間らしさを覚えるようになったからこそハルの苦悩は深くて、諦めないテスタたちが大切なものを取り戻せることを祈っています。2019/10/13

ひつじ

25
言葉によって人間の文化は大幅に発展してきた一方で、言葉の存在が我々の認識の幅や人と人との思考伝達の正確さに対し制限をつけてしまうこともまた事実。言葉は人間にとって鍵か枷か。イノセンスについての謎もかなり明かされ、また意表をつくような怒涛の展開を見せた今巻、作者のただならぬ技量をひしひしと感じました。一巻一巻が比較的分厚いこともあり、巻を重ねるごとにこのシリーズに対しかなり思い入れが深くなってきたように感じます。2019/10/04

かんけー

22
読了!冒頭、中国北東大連へと向かうテスタとハル一行を待ち受けた者は?ウシャルと言う医工師の老人と対面を果して、読んでる此方もほっと一息吐いて..も束の間!と言う展開にハラドキの連続。ネタバレは書かないが、ライドーと言う男性型アンドロイドの存在に僅かな伏線をちりばめたその作方の巧妙さにして遣られたとw舌打ち!だが然し?ラストの事象は必要悪としても?自分は受け入れられないと拒絶したい(-_- )読む人に依って解釈の仕方は十人十色だが。最後の最後で..感涙!(これも十分ネタバレなのだが^_^;)強烈過ぎる引き→2019/09/14

のれん

15
短編のようなエピソードを織り交ぜて長編ストーリーに変えている珍しい構成。しかし、1つ1つの事実がハルの考えに罪を思い起こさせる。人間として成長する娘に本来なら諸手を挙げて喜ぶしかないのだが、それが切ない。 折り返し地点に入った気もするので、是非娘の出立を笑顔で見送る母の姿を見届けたい。この物語にはほろ苦くも甘いエンドが必要なのだ。2019/09/07

真白優樹

11
旅の中、ハルが物思いに耽る事が多くなる中、想い人を探してアフリカから来た女性型アンドロイドが騒動を起こす今巻。―――必然からは逃げられず、崩壊はいつも唐突に。 今までの旅路を全て否定するかのような必然にテスタとハルが己の根幹すら見失う、一行の挫折と崩壊が描かれる今巻。気づいてしまった自分の想い、そして自分の過ち。失意と傷心が重くのしかかってくる巻であり、彼女が選んだ答えに心が重くなる巻である。別離の先、もう一度再起しまた旅へ。今度は彼女を追い始める旅は、再会へと繋がるのか。 次巻も早く読みたいものである。2019/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14109826

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数4件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす