日本企業における失敗の研究[固定版面]

個数:1
紙書籍版価格 ¥4,620
  • Kinoppy

日本企業における失敗の研究[固定版面]

  • 著者名:河合忠彦
  • 価格 ¥4,620(本体¥4,200)
  • 有斐閣(2019/08発売)
  • ポイント 42pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

このまま日本企業は負け続けるのか──当時の状況,経営行動,意思決定過程をドキュメンタリー・タッチで捉え,家電産業における日本企業の敗因を探究。「ダイナミック戦略能力」の欠如を敗因と認定し,今後のIoT/AI時代への処方箋も提示する渾身作。

目次

序 章 なぜ日本企業は負けるのか
第1部 戦いの経過
 第1章 薄型TVの開発と1990年代のTV業界
 第2章 フェイズ1──1990年代
 第3章 フェイズ2──2000~03年
 第4章 フェイズ3──2004~05年
 第5章 フェイズ4──2006~08年
 第6章 フェイズ5──2009年~
第2部 敗因の分析
 第7章 シャープの敗因
 第8章 パナソニックの敗因
 第9章 ソニーの敗因
 第10章 日立の敗因
 第11章 全体分析──日本企業の敗因と敗戦責任

 終 章 IoT/AI時代を生き抜くために