生きる──どんなにひどい世界でも

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

生きる──どんなにひどい世界でも

  • 著者名:茂木健一郎【著】/長谷川博一【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 主婦と生活社(2019/07発売)
  • 敬老の日!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/16)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「一人で死ねばいい」そんな言葉が飛び交う今に送る一冊。
生きづらさの正体は何なのか──。
現代社会の病理はどこにあるのか──。
脳科学者と臨床心理学者の対話と考察から、
「いのち」が動きはじめ「世界の見え方」が変わります。

《プロローグ》
生きることを照らすために 茂木健一郎
君に生きていてほしい 長谷川博一

■第1章■なぜ この世界は生きづらいのか
「生きづらさ」はどこから来るのか?
どの記憶にアクセスするかで人格は定義される
人を分類することが「生きづらさ」につながる
大事なのは見立て後の「寄り添い」
カウンセラーは魔法使いではない
「異質な他者」への攻撃はなぜ起こるのか
附属池田小事件の宅間守との接見でわかったこと
人間に自由意志などない?

■第2章■なぜ ありのままで生きられないのか
スタンダードな「世間」と自分の立ち位置
社会のど真ん中にいる人も苦しさを抱えている
カウンセリングの目標は「自己受容」
すべての「個性」はフラットである
特殊な能力をもっている子もそうでない子も全く対等
自分の人生の中では誰もがみな主人公
「自己受容」と脳の関係

■第3章■なぜ 社会や世間に追い詰められるのか
SNSでの攻撃は個人的な「怒り」の投影?
理屈は感情を「後追い」する
「人間」への興味が薄れる時代
何者でもない自分が許されにくくなっている
社会の中でのポジションは自己肯定に必須?
みんな、なんのために「ちゃんとしてる」の?
「ゲーム」依存は病気で「将棋」依存が病気じゃないのはなぜか
プリンシプルよりも世間の空気が優先される日本
原石のような子どもたちと、彼らを取り巻く「リアル」
今、世界はスマホの向こうにある

《モノローグ》
忘れている「自分」と結び合う 茂木健一郎
苦い思い(カウンセリングの現場から) 長谷川博一

■第4章■これからの世界はどう変わるのか
歪んだ社会を生きる子どもたち
人間のポイント化と人工知能による選別
究極の人工知能は揺らげない
科学が扱えるもの、科学では扱えないもの
メッセージ・イン・ザ・ボトル

■第5章■新しい世界を生きるために
今いる場所で何ができるのかを考える
アインシュタインの「弱さ」は誰も責められない
子育ての最大の目的は、親の影響が0に近づくこと?
私たちの脳はいつだってやり直せる
ピッチの上を必死で走り回るように生きたい

《エピローグ》
人生が虚無だとしても 茂木健一郎
決めてしまわないこと 長谷川博一