講談社タイガ<br> 路地裏のほたる食堂 3つの嘘

個数:1
紙書籍版価格 ¥825
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

講談社タイガ
路地裏のほたる食堂 3つの嘘

  • 著者名:大沼紀子【著】
  • 価格 ¥825(本体¥750)
  • 特価 ¥577(本体¥525)
  • 講談社(2019/06発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065156032

ファイル: /

内容説明

「あんたの秘密。聞かせてくれたら、金はいらない」屋台の料理店「ほたる食堂」。風の吹くまま気の向くまま、居場所を持たずに営業するこの店では、子供は原則無料。ただし条件がひとつ。それは誰も知らないあなたの秘密を教えること……。闇夜にまぎれるように佇む路地裏の食堂を舞台に、足りない何かを満たしてくれる優しい物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダイ@2019.11.2~一時休止

80
路地裏のほたる食堂その3。イイ感じで終わると思いきやミルキーの登場で一気に意味深の展開。次作で明らかになっていくのかな?2019/08/03

佐島楓

60
これ、非常に気の毒なひとたちの話じゃないか、とここまで読んできてようやく気がついた。他人が作った味に酔いしれることができないなんて。大沼さんの作品は何か欠損を抱えたひとたちが寄り集まる物語が多いように思うのだけれど、もちろんそのほうが展開に深みが出る。必然があって書かれているのだろう。2019/06/21

hirune

50
なんかコメディっぽいなぁと思ってたら だんだん深刻な話になってきて 、機能不全家庭 学校でのイジメ DVでの監禁逃亡と ヤバい問題がゾロゾロ出てミステリ&サスペンス風味に盛り上がる😓そして がむしゃら遥太の能力がパワーアップして神と2人して いたこ状態で三葉嬢と名前が定かでない女の代理痴話喧嘩状態に〜(これはもしや「君の名は。」のパロなのか?)😅重めの内容だけど、意外とサラッと楽しめました☆2019/08/30

ぽろん

47
他人が作った料理を食べただけで、その料理まで完璧に作れてしまうなんて、何て羨ましいと思ったのは、浅はかでした!そして、次巻がクライマックスの予感!早く読みたい!2019/07/27

ユメ

40
二転三転する事件の行方にはらはらと気を揉み、最後に明らかになった真相はあまりにやるせなくて感情の持って行き場を失った。でも、三葉が抱く全き幸福の記憶は、愛の魔法によって守られている。今度は、彼女がようやく巡り合えた相手に魔法をかけてくれたらいいな。そして、思いがけず神の記憶を取り戻す端緒がもたらされる。最新刊が出たばかりだというのにもう続きを読みたくてたまらないのは、私が神や遥太にたっぷり思い入れを持っている証だろう。この先過去の自分と対峙していくであろう神の傍に、遥太がいてくれてよかった。2019/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13898722

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす