新潮新書<br> 皇室はなぜ世界で尊敬されるのか(新潮新書)

個数:1
紙書籍版価格
¥836
  • 電子書籍
  • Reader

新潮新書
皇室はなぜ世界で尊敬されるのか(新潮新書)

  • 著者名:西川恵【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 新潮社(2019/05発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784106108143

ファイル: /

内容説明

現在、世界にある君主国は二十八。その中で最古の歴史を誇る皇室は、他の王室、そしてすでに王室を失ってしまった国々からも、深い敬意を向けられている。それは長い歴史に加え、先の天皇をはじめとする皇族の人間力によるものであり、日本外交にも大きく寄与してきた。皇室という外交資産は、新たな令和の時代にどう生かされるのか。これまでの歩みはどう受け継がれていくのか。歴史的エピソードに照らして考える。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ごへいもち

17
行動や発言に細かい配慮が必要な生活はダラけとかサボりとかとは無縁のとてつもない努力 をされていることに頭が下がります。ところで流行りっぽいタイトルと内容は少しズレがあるように感じた。2020/11/07

はるわか

17
皇室は日本にとって最大の外交資産である。日本の皇室が世界でも珍しい長い歴史と伝統を有していること、皇室が日本国民の幅広い尊敬と支持を集めていること、華美や贅沢から一線を画した精神性の高さ。そして、誰に対しても平等に接遇することを旨としていること。アラブ王室(サウジアラビア、ヨルダン、クエート)の皇室への敬意。すべての犠牲者を対象とする慰霊(中国、オランダ)。スペイン王室と昭和天皇の知られざる交流、「あなたのおじいさんにごちそうになった」。高円宮久子妃の活躍(102年振りの皇族の訪露)と減りゆく女性皇族。2019/08/27

奏市

12
著者の『ワインと外交』が味わい深く、印象的だったので、時世もあり手に取った一冊。全体を通じて、皇室の方々の心温まる人間味を知り、じんとくることが多かった。また、皇室の崇高な精神性を感じ、読んでいて凛となった。昨今の安全保障政策強化に対して、先の天皇の慰霊の旅やおことばがバランサーとなり、東南アジアの国々にある種の安心感を醸成したとの考えは、効果の程度はともかく、皇室の外交的役割が意図せずともわかりやすく現れていると感じた。皇室を通じた中東の国々との良好な関係、オランダとの悲しい歴史、色々勉強になった。2019/08/16

まっきー☆

11
図書館本。昨年の新しい元号に変わった際に何かの記事を見て読みたいと思った本。既に世の中の大半が戦争を知らない民で、何故天皇が象徴になったのかもよく分からない者ばかりだとおもう。あの敗戦後、どうやって日本が国際社会の地位を再構築してきたのか、それは上皇様ご夫妻の努力であったことは間違いない。そして今上天皇がこの先、どんな日本の象徴として生きていかれるのか。普段考えることも知ることもなかなかないトピックだが、日本人として知っておきたいと思った。様々なエピソードに涙がジワリと出ることも。読んで良かったなと思う。2020/07/26

hitotak

11
皇室賞賛本かと思ったら、皇室が日本の外交にいかに価値ある存在であるかということが書かれている。特に同じ君主制のある国々との外交において、親善・友好への貢献度は計り知れない。天皇家の方々の個人的資質に拠るところも大きいだろう。国賓としてVIPを招く国を決めたり、皇族が公式に訪問する国の選定する際の外務省内の各局の綱引きも興味深かった。2020/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13760521
  • ご注意事項