絶望の金融市場 株よりも債券崩れが怖ろしい

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

絶望の金融市場 株よりも債券崩れが怖ろしい

  • 著者名:副島隆彦【著】
  • 価格 ¥1,584(本体¥1,440)
  • 徳間書店(2019/04発売)
  • 体育の日記念!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/14)
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

本当に怖ろしいのは株ではなく債券だ!


ジャンク債が暴落したら恐慌に突入。だから金(ゴールド)を買い増せ!

2019年年初にはドル円の為替相場でフラッシュクラッシュが起きた。
コンピュータによる高速取引がからんだ一瞬の暴落である。
これから世界の金融市場が急速に流動化していく。
その中心は株ではなく、債券になるだろう。とりわけジャンク債の暴落が大恐慌への導火線となる。

米中貿易戦争を含む経済の激変を副島隆彦が予測する。