工場閉鎖――ダモイの歌声が聞こえてくる

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

工場閉鎖――ダモイの歌声が聞こえてくる

  • 著者名:畑村達【著】
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • ボイジャー・プレス(2019/03発売)
  • 夏はすぐそこ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/20)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

戦後の激動時代、生きるため危険な工場で働く気弱な青年が、爆発事故や苦難を乗り越え自信を掴んでいく。

大学中退の青年・河本俊夫は、戦後3年目の超就職難の社会で、レッドパージの嵐が吹く逆境の最中、共産思想かぶれの疑いを避けるため高学歴を隠し、危険この上ない化学工場で平工員として働いた。爆発事故で危機一髪の命拾いをし猛毒の塩素ガス漏れにも遭遇した。小規模な同族会社で、社長の無計画な経営破綻によって工場閉鎖に追いこまれた時、彼は工員達から整理委員に推され、未払い賃金補償のため本社で社長と対決することになる……

【著者】
畑村達
1926年 山口県生まれ。九州帝大工学部中退。教諭、司書、大学職員を経て日本文芸家協会会員。作家。主な著書に「今日と明日の間で」「昭和天皇と侍医長の死」「海と廃墟の街から」「炎の国、孤島の舞」電子本「オクツキの海」「ブレメリアイノ・大雪山の幻」「嗤う瀧」等がある。

目次

粗雑な装置
大火傷の記憶
裂けたロープ
砂利穴のそばで
甕を割る?
ブローカー社長
ボロ家で亜美と
アミドと風間
秘かな盗み
わが青春に悔いなし
バレた盗み
金貸し大工
ボヤ騒ぎ
蒸留塔の組立て
危機一髪・命拾い
級友と再会
猛毒ガス漏れ
工場閉鎖
社長印を求めて
ダモイの歌声が聞こえてくる