アリアンローズコミックス<br> 悪役令嬢後宮物語 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

アリアンローズコミックス
悪役令嬢後宮物語 1

  • ISBN:9784866572109

ファイル: /

内容説明

悪名高い伯爵家の令嬢、ディアナ。陛下の正妃『紅薔薇様』として望まない後宮入りをするも、人の心を弄びそうに見える美貌━━“悪役顔”のせいで、陛下には嫌われ、側室同士の勢力争いに巻き込まれ、あらゆる勘違いをされてばかり!? 「外見だけでなく、本当の私を見てくれる人に出会いたい!」何があってもめげずに己を貫き通す、“悪役顔”令嬢の後宮奮闘記!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しまふくろう

13
表紙が可愛くて購入。中の絵は顔のアップ多めで可愛いより面白い寄りな感じだった。 物語は他人から勘違いされる家系の主人公が後宮入りする話。ヒーローポジションっぽい王様のアレっぷりが凄過ぎて、勘違いとかそんなチャチな物じゃあ断じてないぐらいの無能さを感じさせるのが面白かった。これが国のトップとか既に詰んでるとしか思えない。 ヒロインの立場的に後宮内だけで話が進むんだろうか。2019/01/13

ちいたけ

6
コミカライズ。顔のせいで苦労します。(^-^)/2019/01/15

pincle

4
原作既読。絵柄がちょっと苦手だった。「陛下の正妃・紅薔薇」って後宮内で一番偉い立場なのに実家の家柄で格付けしようとするのは愚か。でもこの正妃って立場はそのまま王妃になるわけではないらしい?2021/01/11

霧香

4
○ 悪役令嬢とタイトルがなっていたので読んでみたらこれは違うパターンだった。でもやっぱり侯爵令嬢は悪役なのね。誤解される悪役は可哀想だが、それを踏まえて良き方向に持っていこうとする主人公に好感が持てる。2019/03/05

チョコろん

3
悪人面に関する悩みの尽きないクレスタ―伯爵家。父が調整し損ねたため、ディアナは正妃として後宮入りする羽目になる。早速、見た目で判断され周囲の人々と軋轢が生じるが……。---意外と転生モノではない。悪人面で苦労するご令嬢というのも目新しいか。しかし、悪人面というハードルを越えてまで達成したい目標が弱いので、ディアナが謀略を巡らす理由に共感できないんだよね。「本質を見てくれる人と出会いたい」て矜持は素晴らしいんだが。あっさり本質見てくれる人達に出会えてるから即達成してるわけで。何らかの盛り上がりどころに期待。2019/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13341654

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす